FC2ブログ

8月に始まった、岩手のジューンカップ

 次の日曜日から、岩手競馬は舞台を水沢競馬場に移して行われます。しばらくケガで休んでいた関本玲花騎手が戦線に復帰、開催初日から3個レースに騎乗します。


DSC_8415.jpeg



 開催初日、6月14日のメインレースはB2級特別のジューンカップです。条件特別の中では歴史があり、第1回は昭和50年(1975年)に行われています。


DSC_8429.jpeg
 第1回のジューンカップはアラ系C1級(旧盛岡1750m)で行われ、ダイイチクロイワ(千葉次男騎手)が勝ったのですが、このレースはなぜか8月17日に行われています。

 昭和50年はファン投票の桐花賞、紫桐杯が始まった年。他にもシアンモア記念やビューチフルドリーマーカップなど、現在の岩手競馬の根幹競走が多くスタートしており、ジューンカップも新設された特別競走のひとつでした。

 「いわての競馬史」によれば、この年競馬開催中の5月下旬に馬伝染性貧血(伝貧)が発生して開催を一時中止。7月19日から再開されたと記されています。ちょうど6月の競馬開催がすっかりなくなっており、その間に予定されていたジューンカップは8月に急遽移動して行われたということなのでしょう。

 順調に開催日程を消化することの大事さは昔も今も同じ。こういった過去の記録を見ると、よりその思いを強くします。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2020/06/13(土) 18:01:37|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

岩手ダービー、東北優駿の展望

 6月7日盛岡競馬のメインレースは、ダービーシリーズ2020、日本レーシングサービス、JBC協会、社台スタリオンステーション協賛、第28回東北優駿(岩手ダービー)(M1)(コパノリッキー賞)です。菅原俊吏騎手のパンプキンズが逃げ切ってから早一年が経ちました。今年の3歳路線はここから東北優駿、不来方賞、ダービーグランプリと盛岡ダート2000m戦ばかりが続きます。



 予想の中心は一冠目のダイヤモンドカップを9馬身差で圧勝したグランコージーでしょう。

 それと転入初戦でいきなり出てくるピアノマンは北海道と南関東で計4勝。重賞出走5回の実績は、クラウンカップ6着のグランコージーと比較しても五分以上であり、これも強そうです。



DSC_8225.jpeg
 ダイヤモンドカップで1番人気2着のフレッチャビアンカ(佐々木満厩務員、実戦は高松騎手)はどう動くでしょうか。ダイヤモンドカップではグランコージーの逃げを向正面から追い上げ、3コーナーでは直後に取り付きましたが、最後の直線では完全に突き放されました。再度一頭で前を追いかける展開なら厳しいかもしれませんが、舞台が盛岡2000mとなりメンバー構成も少し替わることから、ライバルに隙が生まれる可能性は考えられます。



DSC_8234.jpeg
 マイランコントル(田嶋厩務員、実戦は坂口騎手)は3戦3勝。前走ORO開幕特別を勝って、出走権が確保できるところまで辿り着きました。2着リュウノチョッパー(ダイヤモンドカップ3着馬)に2馬身差という結果から、相手強化にどこまで耐えられるかということになりますが、そこで1800mを経験したことは大きな強味。先の石川ダービーでは4月5日デビューから4戦目のハクサンアマゾネスが優勝して先に話題をさらわれましたが、同様のダービー優勝馬が生まれるかもしれません。無敗のダービー馬といえば、同じ田嶋厩務員のロールボヌールが思い出されます。



DSC_8297.jpeg
 ダイヤモンドカップ3着、ORO開幕特別2着と善戦続きはリュウノチョッパー(陶騎手)。ORO開幕特別は先に抜け出したマイランコントルを追う形になりましたが、最後まで食い下がりました。JRA所属時から1700、1800mを使われており、キレる脚というよりは渋太さが持ち味。距離が延びることはプラスになるように感じます。



DSC_8267.jpeg
 レールガン(高橋騎手)はスプリングカップ、ORO開幕特別ともに3着。エンジンのかかりが悪く、レース前半は決まって後方ですが、ロングスパートで追い込んできます。それだけに軸としては狙えませんが、いかにも連下で押さえておきたいタイプ。2000mの距離を味方につけることができるかどうか、展開面を考慮すればするほど怖さが増してきます。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2020/06/06(土) 16:30:00|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

6月7日、新馬戦の出走馬紹介

 6月7日の盛岡競馬は、第3レースでファーストステップ競走(2歳新馬戦)が行われます。芝コースが使われないため、今回もダート1000mでの実施です。ここへの出走馬を紹介します。



マクロー
 マクロー(村上騎手、実戦は坂口騎手)は父アッミラーレ、母サクラシエラ(母父マイネルラヴ)でサマーセールの取引馬。母は門別、大井で計9勝、1200mの北斗盃4着。3代母にエリザベス女王杯を勝ったサクラキャンドル。叔父に通算26勝、金沢の重賞を勝ちまくり、遠征して報知オールスターカップ、オグリキャップ記念の交流重賞も勝ったグルームアイランドがいます。



ゴールデンヒーラー
 ゴールデンヒーラー(山本聡哉騎手)は父タートルボウル、母ミリオンハッピー(母父アグネスタキオン)。兄モンサンルリアンは中央1勝、門別4勝で北海優駿はベンテンコゾウの3着、大井でも2勝して現在は村上昌幸厩舎所属の岩手A級。姉アマゾンチャックは岩手2勝、東海3勝。叔父に白山大賞典優勝、マーキュリーカップ2着のパワーストラグル、昨年のサラブレッド大賞典(金沢)優勝、ダービーグランプリ2着のタンクティーエー。叔母に忘れな草賞2着のハッピーグラスがおり、祖母ビッグハッピーは中央ダート5勝で1600万級。小岩井農場のフロリースカップに遡ります。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2020/06/05(金) 14:54:38|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

関本玲花騎手が攻め馬に乗っています

 ケガで戦列を離れている関本玲花騎手が、先週あたりから朝の調教時間に姿を見せています。


DSC_8262.jpeg


 一方で、村上忍騎手が5月28日の調教時間中に負傷。復帰にはしばらく時間がかかりそうです。今季の岩手競馬はなかなか騎手が全員集合となりません。


●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2020/05/30(土) 12:00:00|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

早池峰スーパースプリントは新勢力が台頭!

 5月24日の盛岡競馬メインレースは、デイリースポーツ杯、第5回早池峰スーパースプリント(M2)です。地方競馬スーパースプリントシリーズの第1戦で、ワンターンのダート1000m戦。勝ち馬には7月22日に船橋競馬場で行われる、習志野きらっとスプリントへの優先出走権が与えられます。同時に7月19日の岩鷲賞(盛岡1200m)へのトライアル競走(2着まで優先出走権)にもなっています。

 回数は第5回となっていますが、地方競馬情報サイトの歴代優勝馬ページが示す通り、従来から行われている早池峰賞の流れをソックリ受け継ぐもの。色々と複雑な経緯を辿った伝統のレースです(詳細については、いつか別にご紹介する予定です)。

 昨年レコードタイムで優勝したサインズストームは今季まだ1走もしておらず、登録馬には名を連ねましたが、結局出走を回避。岩手に復帰した1億円馬ラブバレットは前走のスプリント特別(水沢1300m)で5頭立て4着と凡退。もちろん復活の期待はかかりますが、予想の軸には推せない状況となりました。



DSC_8180.jpeg
 4月27日のスプリント特別(水沢850m)を7馬身差で圧勝したのは、コンサートドーレ(小林騎手、実戦は山本政聡騎手)。2016年7月に門別のフレッシュチャレンジ競走を勝った馬で、その後水沢に転入5戦未勝利。寒菊賞もベンテンコゾウの10着に完敗しており、シーズンオフに大井へ移籍しました。その後JRA所属時もありましたが、南関東でB1級までクラスを上げ、この春に水沢へ帰ってきました。1000m2勝、1200m6勝の実績から、今回の条件はピッタリ。左回りを3走しかしていない点が不安ですが、それさえクリアすれば最有力候補でしょう。



DSC_8195.jpeg
 タイセイブラスト(高松騎手)もJRA1勝−南関東で6勝してこの春水沢へ転入。ラブバレットが出走した5月12日のスプリント特別(水沢1300m)を勝ってのステップです。キャリアのほとんどが1600m以上で、ワンターンの短距離戦を走ったのは4年以上前のこと。その適性はなんとも言えませんが、前走の勝ち方が良く、またコンサートドーレとほぼ同級で南関東から転入してきたというのなら、それなりの評価が必要でしょう。



DSC_8137.jpeg
 リュウノヴィグラス(小野寺厩務員、実戦は菅原騎手)もこの春再転入。赤松杯、シアンモア記念は先行しましたが、ちょっと距離が長い印象を受けました。全10勝中8勝が1200m、南関東でもスプリント戦を走り続けており、一変の可能性を考えるならこれでしょう。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2020/05/23(土) 22:05:19|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

07月 « 2020年08月 » 09月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search