fc2ブログ

トウケイニセイ記念はノーブルサターンが圧勝!

 12月5日に水沢競馬場で行われた、東京スポーツ新聞社杯、第21回トウケイニセイ記念(M2)は転入初戦のノーブルサターンが圧勝しました。



DSC_1989.jpeg
 12月に入って降雪も見られるようになった水沢ですが、今のところ積雪はなし。この日の馬場状態は稍重。



DSC_1996.jpeg
 4月のスプリングカップを勝って以来となるクロールキック(山本聡哉騎手)も姿を見せましたが、スタート直前になって競走除外の放送が入り、場内は悲鳴のような声が上がりました。



DSC_2001.jpeg
 3歳牝馬から挑戦アップテンペスト(黒帽、陶騎手)の逃げ、グランコージー(黄帽、鈴木騎手、馬主服)は2番手待機でレースは始まりましたが、この日は1、2、3番枠が1日で計2頭しか馬券対象にならず。逃げ馬も2、3着が各1回しかないという結果の1日。2頭とも良く粘ったが、外からノーブルサターン(橙帽、高松騎手、馬主服)が早くも先頭。



DSC_2007.jpeg
 ノーブルサターンを追って、セイヴァリアント(青帽、山本政聡騎手)とリリーモントルー(緑帽、村上騎手)と2番手争い。大外からリーピングリーズン(桃帽、小林騎手)の追い込み。



DSC_2012.jpeg



DSC_2026_20221207132939471.jpeg
 ノーブルサターンは余力十分でゴール、その差は3馬身。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2022/12/07(水) 14:07:38|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

重要度が変わるトウケイニセイ記念

 12月5日、水沢競馬のメインレースは、東京スポーツ新聞社杯、第21回トウケイニセイ記念(M2)。長く盛岡開催が続いたため、水沢での重賞競走は6月19日のみちのく大賞典以来、約半年ぶりとなります。昨年の勝ち馬ヒガシウィルウィンは引退して種牡馬入り。その他もメンバー構成はガラリと入れ替わっています。

 今季の古馬重賞路線は一年間メンバーの入れ替わりが激しく、桐花賞のメンバーも予想のつかない状況。トウケイニセイ記念の上位馬は桐花賞でも有力馬となる可能性が高く、例年以上に重要なレースになりそうです。



DSC_1953.jpeg
 セイヴァリアント(佐々木厩務員、実戦は山本政聡騎手)はJRA2勝、大井でも1勝を重ねて水沢移籍。岩手では7戦3勝、2着3回。唯一崩れたのは青藍賞の4着。終いが確かで少々の展開のもつれは苦にしません。開催日程の問題から水沢での実戦は初めてになりますが、右回り実績は悪くありません。



DSC_1942_202212042155527a0.jpeg
 注目の転入馬はノーブルサターン(小野寺厩務員、実戦は高松騎手)、JRAでは4勝していますが、その間2019年のマーキュリーカップでグリムの2着。その後地方も先の盛岡を含み6競馬場の経験があります。昨年2月の梅見月杯(旧名古屋1900m)以降勝ち星はありませんが、直前のサンタアニタトロフィーが16頭立て6着なら、そのレベルでアッサリ通用して驚けません。



DSC_1949.jpeg
 リリーモントルー(後方#523、村上騎手)はJRA2勝、岩手移籍後(9−5−2−3)で崩れは昨年のOROカップ7着と南部杯8着のみ。A級特別の鬼的存在ですが、昨年の青藍賞3着、今年のあすなろ賞2着と重賞でも堅実に走っています。水沢1600mも(3−1−0−0)と崩れなし。これまでの重賞と比べれば、戦い易いメンバーと思えます。



DSC_1696_202212042155474d0.jpeg
 これも動向最注目の存在は3歳クロールキック(田嶋厩務員、実戦は山本聡哉騎手)。今季はスプリングカップを圧勝したあと、ダイヤモンドカップを前に戦線離脱。東北優駿前の復帰を目指しましたが、これも間に合わずジックリ長期休養となりました。8ヶ月間隔が開き、その相手が初の古馬オープンとなるとさすがに楽ではありませんが、今後も戦わなければならない相手です。今回の出走馬にお手馬がたくさんいる中、山本聡哉騎手が騎乗します。



DSC_1934.jpeg
 北上川大賞典2着で大きく存在感を増したヴォウジラール(新田調教師、実戦は高橋騎手)。長距離適性を見せただけに桐花賞も楽しみですが、1600mも前々走でグランコージーの2着。まだ力関係がハッキリしておらずなんとも不気味です。



DSC_1901.jpeg
 今季注目の転入馬となり、シアンモアを優勝、マーキュリーカップ3着、JBCクラシック10着のヴァケーション(川嶋調教師補佐)は当初よりトウケイニセイ記念の出走予定はなし。次走には桐花賞か報知オールスターカップ(1月3日、川崎2100m)を予定しています。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2022/12/04(日) 22:28:46|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

桐花賞のファン投票が始まりました

 12月31日に水沢競馬場で行われる、第46回桐花賞(M1)のファン投票が行われています。今年はJBCが盛岡競馬場で開催された関係か、順調であればおそらくファン投票で上位に選出されるであろう、M1常連メンバーの多くがすでに戦線を離脱しています(状況は日々変化します)。



DSC_1741.jpeg
 9月に古馬重賞の青藍賞を勝ち、マイルチャンピオンシップ南部杯でも5着に食い込んだゴールデンヒーラー。JBCレディスクラシックを出走取り消しとしたあとに攻め馬を再開していましたが、復調ならず休養入り。来年春の復帰予定となりました。



DSC_1823.jpeg
 岩手に復帰し、北上川大賞典から桐花賞を狙っていたフレッチャビアンカも態勢が整わず、休養となりました。



DSC_1797.jpeg
 マツリダスティールも秋口に一旦攻め馬を再開していましたが、これも態勢が整わず来年春の復帰予定。



DSC_1721.jpeg
 今季も短距離重賞を3勝、10着ながらJBCスプリントで奮戦したキラットダイヤは今季終了。来年も現役を続行し短距離路線を目指すとのこと、クラスターカップなどへの出走を期待します。



DSC_1487.jpeg
 転入後3戦3勝、みちのく大賞典を優勝したステイオンザトップですが、8月1日の大暑特別を最後に休養。来年春の戦線復帰を予定しているとのことです。



DSC_1497_20221204204940e37.jpeg
 ダイヤモンドカップ、東北優駿の2冠馬グットクレンジングはダービーグランプリ11着を最後に休養中。



DSC_1515.jpeg
 3歳三冠目でグットクレンジングを倒したマナホク(中央、265)はダービーグランプリ12着後に船橋へ移籍。同厩であやめ賞を勝ったマルルットゥも浦和へ移籍。



DSC_0326.jpeg
 イーハトーブマイルを勝ち、東北優駿2着で3歳トップクラスに浮上したフジクラウンもそのあと休養しています。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2022/12/03(土) 23:59:59|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

水沢のリッジマンが、JRAジャパンカップGIに出走!

 11月27日にJRA東京競馬場で行われる、第42回ジャパンカップ(GI)に岩手競馬の水沢競馬場所属、リッジマン(千葉幸喜厩舎)が石川裕紀人騎手で出走します。18頭立ての8枠16番と発表されています。



 岩手競馬所属馬のジャパンカップといえば、スイフトセイダイが1991年のJRA中山、オールカマーGIIIに田中勝春騎手で出走して5着。ジャパンカップ地方枠の補欠になったことが思い出されます。
 オールカマーは大井のジヨージモナークが早田秀治騎手で優勝して、ジャパンカップへの出走権を獲得。巡り合わせが悪かったとも思えますが、この当時のオールカマーに出走する地方馬はみんな凄いビッグネーム。もう30年以上前のことになりますが、意外に出走馬の名前は覚えているものです。ハナシが脱線するとひどいので、先へ進めます。



DSC_1914.jpeg
 最終追い切りは、盛岡開催が終わって誰もが休んでいるはずの11月23日水曜日。5時40分、蹄跡のない無人の水沢競馬場の照明に灯が入ります。



DSC_1918.jpeg
 リッジマンの追い切りを任されたのは、菅原辰徳騎手



DSC_1922.jpeg
 直線でステッキ一発入りましたが、スッと脚を伸ばしました。

 千葉幸喜調教師も「直線スッと反応してくれて、思っていた通りの時計で走ってくれた」と満足そうな口ぶり。「こちらへ来た頃は全く気が入っていなかったが、2戦目のいしがきマイラーズは凄い脚を使った。その後から気合いが変わってきたね。OROカップは早めに捲ってくる馬がいたので、通常なら大敗しても不思議ない展開だったが、あれで4着だからやはりスタミナはある。結果には不完全燃焼と思えるところもあるが、そのあともさらに良くなっているね」と。ジャパンカップについては「当初はOROカップで芝は終わる予定だったが、ジャパンカップが『頭数が少なくなりそうだ』ということで、オーナーサイドと急遽だが出走を決めた。地方の9歳馬ではあるけれど、今持てる全力を出し切って欲しい」と。

 岩手では幾多のビッグタイトルを獲得した千葉幸喜調教師といえども、こんな大レースへの出走チャンスはそうそうありません。筆者は2011年以降、東京競馬場には行くこともありませんが、こんなレースに水沢の馬が出走するのであれば久々に現場でその空気を味わってみたいものです(水沢開催があるので行けませんが…)。水沢競馬場の記者席から、場内のビジョンを双眼鏡で観戦したいと思います。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2022/11/24(木) 17:47:53|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

昭和に行われた「レディスカップ」を成績表で振り返る

 11月22日の盛岡競馬は、「レディスジョッキーズシリーズ2022」が行われますが、ここでは1981、82、83年に水沢競馬場で行われた「レディスカップ」を成績表で振り返ってみます。



81LC
 「レディスカップ’81」は、1981年9月6日に水沢競馬場で開催。サラ系B1級の1900m戦で、米国から5名、国内他地区から2名が遠征、地元の新田弥生騎手が迎え撃ち8頭立てで行われ、キムバリー・アンデロウラ騎手のスポットラインが優勝。当日の入場者は16123人、勝馬投票券発売金額569,376,000円を記録する。



81米
 翌日には「米国女性騎手招待競走」として、遠征騎手5名に地元は村上昌幸、佐藤浩一、小竹清一3名が出場。小竹清一騎手のナガラライデンが優勝。





82国
 1982年はレディスカップの前日に「国内女性騎手招待競走」が行われ、吉田弥生騎手のイントルーダが優勝。



82ながつき
 レディスカップの前のレース「ながつき賞」では、パトリシア騎手のイーリスが優勝。



82LC
 「レディスカップ’82」は1982年9月12日に水沢1900mで行われ、キャサリン騎手のアカネプリンスが優勝。このレースは米国5名、英国1名、国内他地区2名と新田弥生騎手の計9名、9頭立てで行われたが、岩手県競馬組合の平地競走としては初めての9頭立て競走を実施したと、当時の記録が残されている。



82外
 レディスカップ’82の翌日には、この年も「外国女性騎手招待競走」を実施。地元勢は昨年の3名に村上実騎手も加えて10頭立て。これも岩手県競馬組合の平地競走としては初の10頭立て競走と思われる。佐藤浩一騎手のカンダタイオーが優勝。



mizusawa.jpeg
 1982年には、水沢競馬場に1600mのスタート地点が新設される。従来の図面「水沢競馬場、消えたレコード、消えなかったレコード」の回のコース図と見比べて下さい。





83国
 1983年もレディスカップの前日に「国内女性騎手招待競走」が行われ、菅原勲騎手のローゼンガバナーが優勝。上で紹介した、水沢1600mコースを使って10頭立てで行われたが、今でも不利と思われる10番枠でもローゼンガバナーは単勝110円で圧勝でした。



83LC
 「レディスカップ’83」は1983年9月11日に水沢1900mで行われ、パトリシア騎手のセスラダケが優勝。この年はアメリカ、フランス、デンマーク、スウェーデン、西ドイツに国内他地区、地元の新田弥生騎手と6ヶ国の対抗戦となる。関西の秘密兵器レツドジヤガーは7着。



83外
 レディスカップ’83の翌日は「外国女性騎手招待競走」が行われ、ソフィア騎手のダイキングエースが優勝。地元勢は村上昌幸、小竹清一騎手に加え、この年は千田知幸騎手が出場。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2022/11/19(土) 17:18:36|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

01月 « 2023年02月 » 03月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search