FC2ブログ

夏の盛岡開幕、ハヤテスプリントはホレミンサイヤ

 みちのく大賞典、岩鷲賞で大いに盛り上がった水沢開催が終了。舞台は盛岡へと移ります。1週目のメインはダービーウイークに続いてまたもダブル3歳重賞。1000mハヤテスプリントと芝1700mのオパールカップという設定で、これらを目標としていた馬には良いものの、通常のダート戦を走りたい陣営には厳しい番組設定。8月9日にはひまわり賞(牝馬、2000m)が控えており、距離を延ばしていきたい段階で1000mに戻るのも得策とは思えません。実際、翌週のフェアリーカップ(オープン牝馬、1800m)へグッドギアーとヴァイキングが回っています。また、大井の黒潮盃(8月12日)へ出走したい馬がいるとするならば、今開催はローテーション的に最適なステップとなるはずですが、そのステップレースが用意されていません。

 というわけで、ハヤテスプリントは短距離志向の強い馬が多く集まり、前走ウイナーカップ組から、3歳B2級まで幅広いメンバーになりました。


ホレミンサイヤ
 中心になるのは留守杯日高賞を勝ったホレミンサイヤ(陶騎手)。関東オークスJpnIIは別として、地元に戻った前走はウイナーカップ4着。枠差もありましたが、それまですべて逃げていたスペクトルのハナを叩くスピードでレースを引っ張りました。「距離は短い方が良い。行くだけ行って・・・」と菅原右吉調教師。前走ウイナーカップを走った馬が4頭(最先着)、あとは条件戦からのステップだけに、負けられない立場となりそうです。


クリールジェニー
 この春注目の転入馬だったクリールジェニー(高橋昭平騎手、実戦は山本政聡騎手)は3戦して3着2回、「この馬にはベストの条件」という千葉幸喜調教師。レース間隔を開け、目標を絞ってきた印象を受けます。昨年10月の知床賞2着でスペクトルに先着の実績があり、ダート1000mなら互角に戦えて不思議ありません。



←ぜひクリックで一票をお願いします

   拍手もお願いします↓


  1. 2015/07/10(金) 21:54:55|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/967-6e25694e

Recent Entries

07月 « 2020年08月 » 09月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search