7月20日第3レース、新馬戦の出走馬紹介

 マーキュリーカップを翌日に控えた7月20日の盛岡競馬は第3、4レースでファーストステップ競走(2歳新馬戦)が行われます。ここでは第3レースの出走馬を紹介します。


サンエイインパクト
 サンエイインパクト(山本聡哉騎手)は父ハービンジャー、母ウェーブピアサー(母父ゼンノロブロイ)で、千葉サラブレッドセールの購買馬。母系はリセスへたどり、祖母ティークリッパーはJRA4勝、1600万級。その子に笠松1勝、岩手で4勝、B1級のアルゴ、1勝して現役3歳のランデックセブンがいます。


コパノブライトン
 コパノブライトン(西谷騎手)は父メイショウボーラー、母エレオノーラ(母父ダイイシス)でオータムセールの購買馬。兄サージングウェーブは北海道、佐賀で12戦4勝。母の弟ツルマルフレンチがJRAで1勝しています。このレースにはメイショウボーラー産駒が2頭出走していますが、ともに能力検査ではいいスピードを見せていました。


アンジュエール
 アンジュエール(山本聡哉騎手、実戦は千田騎手)は父サムライハート、母シアトルハッピー(母父キングヘイロー)で八戸市場の取引馬。母の兄にJRA6勝、東海ステークス2着、シリウスステークス2着のラッキーブレイクを筆頭に、JRA2勝セフティバーニング、JRA1勝のビッグラムタラ、ブリージングと活躍馬が揃っています。能力検査は6月6日で、他より1ヶ月近く乗り込んできました。


ダンストンリッチ
 ダンストンリッチ(村上騎手)は父アドマイヤマックス、母ダンストーンタイム(母父サニーブライアン)で母は上山デビューでJRA認定含む3勝。兄に岩鷲賞勝ちなど長く岩手オープンで活躍したダンストンリアル(金沢現役)、姉ダンストンルティー(知床賞)、1つ上の兄はすでに3勝し、3歳重賞路線に乗ったダンストンスリルとすっかり岩手おなじみの血統になっています。


キスミースマイル
 キスミースマイル(高松騎手)は父メイショウボーラー、母キスミープリーズ(母父フジキセキ)で母はJRA未勝利ながら新潟へ転じて7戦7勝、佐々木明美騎手が騎乗し、女性騎手招待の駒子賞を優勝。川崎へ移籍しても6勝し13連勝。通算31戦16勝という優秀な成績を残しました。兄カラーレストパーズは北海道、笠松、浦和(現役)で15勝。キスミープリンスは浦和で新馬を勝ち、鎌倉記念勝ち、東京ダービー3着、ダービーグランプリはカミノヌヴォーの4着。先の帝王賞にも出走した、浦和を代表するオープン馬です。


ケイシュウNEWS オンラインショップ


←ぜひクリックで一票をお願いします

拍手も1クリック
お願いします↓


  1. 2014/07/18(金) 21:10:56|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/870-7827e7f5

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search