北海道スプリントカップにフラッシュモブと高松騎手が出走

 6月12日に行われる、北海道スプリントカップ(JpnIII、門別1200m)に、水沢からフラッシュモブ(関本浩司厩舎)と高松亮騎手が出走します。


フラッシュモブ

 フラッシュモブは昨年5月北海道デビューで、アタックチャレンジ競走を勝った後に笠松へ移籍。この春からは水沢所属となり、すべて3歳の重賞を走って2、4、3、6、4着とコンスタントに走っています。短距離の差し馬との印象を持っていましたが、1800mのやまびこ賞、2000mの岩手ダービー・ダイヤモンドカップでもしっかりと脚を伸ばしています。

 関本浩司調教師は「ダービーでも3着はあった。レース間隔が短いので馬体維持がギリギリだが、ベストの条件は1400mくらい。末脚を生かせる展開で」とのこと。ですがデビューの地、門別の1200mでアタックチャレンジ競走を勝っています。今後は例によって7月1日の読売レディス杯(金沢1500m)と7月2日スパーキングレディーカップ JpnIIIにも登録があるとのことで、GRANDAME−JAPAN古馬シーズンを歩く目論見でしょうか。

 高松騎手はメインレースの他にも騎乗予定がある模様ですので、そちらにもご注目ください。



ケイシュウNEWS オンラインショップ


←ぜひクリックで一票をお願いします

拍手も1クリック
お願いします↓


  1. 2014/06/11(水) 20:44:49|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/857-eb25152a

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search