寒菊賞はラブバレットが負けられない!

 12月15日、水沢競馬のメインレースは、第12回寒菊賞(JRA認定)。1月5日に行われる2歳路線三冠目の金杯トライアル(2着まで優先出走権)。また同時に今季最後のJRA認定競走となります。


雪景色
 いよいよ水沢にも冬の到来。今週は雪景色の中での競馬になっています。(画像は13日金曜日の朝)



ラブバレット
 若駒賞、南部駒賞と連続2着のラブバレット(南郷騎手、実戦は斎藤騎手)が今度こその態勢で出走。ビギナーズカップに続く2つめの重賞制覇を目指します。ダートでは3勝2着2回で3着以下なし。「今度は良い枠がほしい」などと話していた菅原勲調教師でしたが、それはあくまで対ライズラインを意識してのこと。2度苦杯をなめたライズラインが不在なら、ここは負けられません。ただし今回は獲得賞金額による負担重量で、57キロを背負います。相手関係よりそちらがカギになるかもしれません。



シグラップロード
 次位争いはシグラップロード(山本聡哉騎手)が死守したいところ。こちらもライズライン、ラブバレット以外にはほとんど先着を許していませんでしたが、前走はアオチャンにも僅差で敗れました。対ラブバレットということになると5馬身、6馬身と遅れており、斤量差で差を詰めたいところです。



ライズライン
 ライズライン(小林騎手)は金杯での2歳路線三冠達成を目標に乗り込みが進められています。



ケイシュウNEWSオンライン版 重賞レースの紙面を無料提供

ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2013/12/14(土) 12:50:23|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/817-2abef8d0

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search