FC2ブログ

激闘制してライズラインが2歳二冠!

 11月17日に水沢競馬場で行われた、河北新報杯、社台スタリオンステーション協賛の第41回南部駒賞(ゴールドアリュール賞、JRA認定、地方全国交流)は1番人気のライズラインが後続の追撃を振り切り優勝。若駒賞に続いて2歳路線の二冠目を制しました。


肩掛け
 激戦での勝利でさすがにほっとした表情の姉崎厩務員


あと200
 レース前半から岩手二強と北海道からの遠征3頭が後続を大きく離しての戦い。そのまま最後の直線へ向かうが、徐々にゴオリイとリュウノワンが遅れはじめ、勝負は前3頭に絞られる。


あと100
 逃げるライズライン(白帽、小林騎手)にラブバレット(橙帽、南郷騎手)が並びかけるが、この差が最後まで詰まらない。ここへ外に出したドナルトソン(黄帽、岩橋騎手)が迫る。その後方にリュウノワン(緑帽、五十嵐騎手)、内にゴオリイ(黒帽、村上騎手)。


あと50
 緩まず流れたラップタイムは
12.8-12.0-12.1-13.2-12.1-12.6-12.9-14.1=1.41.8
前半3F36.9-後半3F39.6で、最後の最後でスピードが落ちるが…


G前


ゴール
 ライズラインが先頭のままゴールへ、ラブバレットとの差はクビ。さらに2分の1馬身差でドナルトソン。

 「プラス19キロは少しドキッとなったが、十分に乗り込んできたので気にしなかった。(ラブバレットが迫ったことについて)やっぱり枠順が違ったらどうなったか分からないよね」と、改めてライバルの強さを再認識した千葉幸喜調教師。これで新年1月5日の金杯で2歳路線三冠を目指すことになりますが、二ヶ月弱間隔がありどのようなローテーションになるのか注目されます。



ケイシュウNEWSオンライン版 重賞レースの紙面を無料提供

ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2013/11/19(火) 11:39:00|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/811-44683498

Recent Entries

11月 « 2018年12月 » 01月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search