6月9日盛岡競馬、新馬戦の出走馬紹介

 6月9日の盛岡競馬は第4レースでファーストステップ競走(2歳新馬戦)が行われます。ここへの水沢からの出走馬を紹介します。

リュウノトップ
 リュウノトップ(坂口騎手、実戦は阿部騎手)は父アドマイヤドン、母父フジキセキでサマーセールでの購買馬。母クラレットパンチはJRA5勝、スイートピーSでバイラリーナの3着があるオープン馬。兄クラレットジャグは通算3勝、JRA1000万級と活躍しています。能力検査は前開催の新馬1着だったラブバレットに0.1秒差。一開催待機して乗り込み。芝適性が期待できそうです。


ダンストンブロス
 ダンストンブロス(#1陶騎手)は父キャプテンスティーヴ、母父ウォーニングで、八戸市場の購買馬。姉コスモガデスは岩手2勝、2つ上の姉ウエディングサクラは陶騎手が主戦を務め岩手4勝。ホープフル(JRA認定)勝ち、ひまわり賞2着、寒菊賞2着、金杯4着と大活躍しました。これも一開催待機して乗り込みを積んでいます。


ロックザアゲイン
 ロックザアゲイン(菊地騎手)は父が新種牡馬カンパニー、母父アレッジド。母コンティンジェンシーはいわずとしれたダイワフォーチュン(JRA5勝、岩手では白嶺賞、早池峰賞)、ロックハンドスター(岩手三冠、桐花賞、南部駒賞など)の母でもあります。能力検査では直線スッと脚を伸ばして1着。加えて芝への適性も期待できます。


ターントゥタイド
 ターントゥタイド(村上騎手)は父ブラックタイド、母父プルピットで、オータムセールでの購買馬。姉に岩手で3勝、川崎で1勝のパンナムクリッパー(現役)がいます。若さいっぱいの攻め馬で、能力検査のスピードにはなかなか見るべきものがありました。


ケイシュウNEWSオンライン版 重賞レースの紙面を無料提供

ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2013/06/08(土) 14:01:16|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/772-a6ab04b7

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search