留守杯日高賞は川崎のハードデイズナイトが優勝

 4月29日に水沢競馬場で行われた、GRANDAME−JAPANN2013、JBC協会協賛、第13回留守杯日高賞(バトルプラン賞)は川崎から遠征のハードデイズナイト(山崎誠士騎手)が優勝しました。

ハードデイズナイト


一周目
 一周目のスタンド前、好スタートから先手を取ったハードデイズナイト(黒帽、山崎騎手)、これを追ってショートカット(黄帽、斎藤騎手)、コウギョウデジタル(緑帽、阿部騎手)。少し離れてエイシンルンディー、ブリリアントロビン・・・


あと100
 一周回って最後の直線は逃げたハードデイズナイトがリードをさらに広げる


2着争い
 外エイシンルンディー、内コウギョウデジタルの6枠両馬は完全に2着争い


ゴール
 ハードデイズナイトは悠々とゴール


エイシンルンディー
 2着エイシンルンディーは敗れこそしたものの、ポイントを加算してGRANDAME−JAPAN3歳シーズンのトップ。「佐賀では反応が良かったが、今日はついていけなかった。ベストの2着」と尾島徹騎手。続く5月3日に名古屋でもこのシリーズの東海クイーンカップがありますが、「今年は名古屋の馬が強いので…」と。


コウギョウデジタル
 3着コウギョウデジタルが地元最先着。「勝ちにいったからね、それでなければ2着はあったかも」と阿部騎手。


ブリリアントロビン
 1番人気となったブリリアントロビンは3、4コーナーで追い上げていき4番手くらいまで上昇しましたが、直線失速の9着。「ちょっと最後の止まり方が急で…」と小林騎手。同じ負けるにしてもちょっと気になる脚の止まり方でした。


 山崎誠二騎手や佐々木仁調教師のコメント、レース観戦記は
Web Furlong 2013
をご覧下さい

ケイシュウNEWSオンライン版 重賞レースの紙面を無料提供

ケイシュウNEWS オンラインショップ

「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2013/05/02(木) 20:13:32|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/760-c4cc0c00

Recent Entries

07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search