栗駒賞は終わりました

 11月24日に水沢競馬場で行われた、AKT秋田テレビ杯、優駿協賛、第24回栗駒賞(スターリングローズ賞)はコパノマユチャンが直線抜け出し優勝しました。


あと100
 混戦メンバーを象徴するかのように、直線内から外へ広がっての争い。これまでの追い込み策から一転して、好位3番手から流れに乗ったコパノマユチャン(緑帽、南郷騎手)が直線抜け出し先頭。例によって3コーナーから捲り追い込みをかけたトーホクキング(黒帽、高橋騎手)が外から追う。その後方にクレムリンエッグ(黄帽、坂口騎手)、カミノヌヴォー(緑帽、阿部騎手)、ゴールドマイン(赤帽、斎藤騎手)。


あと50
 差が詰まるどころか、むしろコパノマユチャンが突き放す。


ゴール
 コパノマユチャンも強い馬だとは思っていましたが、桂樹杯の直線一気に象徴されるように転入来すべてが追い込み競馬。今の水沢の馬場状態を考えると、とても印は回りません。3番手でレースを進めるとは思ってもいませんでした。


トーホクキング
 2着トーホクキングはいつも通りの競馬、1400mが合うか合わないかというような心配は要らなかったように思います。差を詰めにかかるカミノヌヴォーを3、4コーナーであっという間に抜き去っていました。


クレムリンエッグ
 3着はクレムリンエッグ、距離短縮で確実に着順を上げており、今後のマイル路線でも注目度が上がるでしょう。


ケイシュウNEWSオンライン版 重賞レースの紙面を無料提供

ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


 このレースを最後にダイメイジュエリーが引退、繁殖入り。29日に北海道へ向かうとのことでした。

ダイメイジュエリー
 2009年のちょうどこの時期に北海道から転入、南関東所属期間もありましたが、約3年牝馬のトップクラスで活躍を続けました。お疲れさまでした。

主な成績
2009.8 アタックチャレンジ(JRA認定)
2009.11 プリンセスカップ
2009.12 寒菊賞
2010.4 あやめ賞
2010.12 白嶺賞
2012.6 種山ヶ原レース

2010.5 はまなす賞2着
2010.7 ひまわり賞2着
2010.8 サファイア賞3着
2011.10 OROターフスプリント3着
2012.8 フェアリーカップ2着

通算45戦8勝(8−5−5−27)
獲得賞金 1119万8000円
  1. 2012/11/26(月) 23:59:59|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/721-2dac8f2e

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search