名古屋3歳オープン、グレンダウザーが水沢へ転入!

 今週の水沢競馬は、日曜7月1日の3歳特別、ウイナーカップがメインとなりますが、その前日6月30日の8R山百合レースで、名古屋からの転入馬グレンダウザー(佐藤雅彦厩舎)が初戦を迎えます。

ク#12441;レンタ#12441;ウサ#12441;ー
 グレンダウザー(高松騎手、実戦は村上騎手)、530キロを超す、黒鹿毛の大型馬です。

 グレンダウザーは昨年7月名古屋でデビュー。2戦目を勝ち、4戦目のセレクトゴールド(JRA認定競走)を勝ち上がりました。ここまでその2勝のみですが、キャリア13戦の中でJRA遠征3戦、金沢にも兼六園ジュニアカップで遠征(6着)。地元の重賞は新春ペガサスカップ4着、スプリングカップ3着、新緑賞(笠松)4着、駿蹄賞9着の数字を残しています。佐藤雅彦調教師によれば「あちこち遠征しているうちに(賞金が稼げなくて)東海ダービーに乗れなかったが、マイネルセグメント(東海ダービー馬)と併せ馬をしていた」とのこと。楽々と乗れそうな実績ですが、東海ダービーは東海地区だけでなく、北陸(金沢)、中国(福山)からも出走馬を受け付けるので、想像以上に狭き門だったようです。

 それでもJRA遠征での最高着順は京都芝1200mの2歳500万下で15頭立て6着(0.9秒差)、5走前のこぶし賞(京都芝1600)では後にニュージーランドトロフィー、NHKマイルカップを勝つカレンブラックヒルの2.1秒差11着(14頭立て)に入っています。岩手3歳の芝路線はワタリドラゴン、ロッソコルサが有力視されますが、この数字を見れば割り込んでいく可能性も考えられます。佐藤雅彦調教師は路線こそ明言しませんでしたが、この土曜日にレースを使えば、次回盛岡開催の7月15日、オパールカップに出走できるかもしれません(遠征馬枠もあり、また賞金的にも微妙ではあります)。いずれにせよ、まずは土曜日のレースでお手並み拝見ということになります。



ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2012/06/28(木) 16:06:43|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/665-fb733201

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search