シアンモア記念はリュウノボーイが重賞3勝目

 5月13日に水沢競馬場で行われた、農林水産大臣賞典、社台スタリオンステーション協賛、第37回シアンモア記念(ゴールドアリュール賞)は、船橋から遠征のリュウノボーイが直線抜け出して優勝。岩手デビュー馬ですが、船橋へ移籍してから3つ目の岩手重賞獲得となりました。

口取り


残り100
 残り80m、早めに先頭になったカミノヌヴォー(桃帽、阿部騎手)を交わしてリュウノボーイ(9番桃帽、村上騎手)。その外へヒカルジョディー(1番白帽、小林騎手)、さらに大外からシャイニーハリアー(7番橙帽、関本騎手)が脚を伸ばす。中にマイネルプロートス(黄帽、斎藤騎手)、最内に逃げたトウホクビジン(青帽、吉井騎手)、後方にリュウノツバサ(黒帽、菅原俊吏騎手)。


コ#12441;ール前


コ#12441;ール
 「前を見ながら、ヒカルジョディーを待てるポジションで競馬をしようと思っていた。ペースが遅めだったので、早めに手応えを残しながらの仕掛け。絆カップの時ほどの走りではなかったが、右回りも問題なかったね」とリュウノボーイに騎乗した村上忍騎手。


ヒカルシ#12441;ョテ#12441;ィー
 2着にはヒカルジョディー、筆者の予想通り1番枠からでも最後方から追い上げる戦法で、素晴らしい脚を見せましたが1馬身及びませんでした。戦前に畠山調教師に聞いたように、少しでも馬場が湿っておればと思いましたが、天気予報ほどの降雨は無く、また土日と強風で馬場は想像以上に乾いていきました。また、直前で遠征馬の回避もあってレースの流れは、むしろ平均より遅いくらい。この馬には不運な要素が重なりました。


カミノヌウ#12441;ォー
 今季初戦が重賞となったカミノヌヴォーは、一旦先頭に立ちながらも最後一杯になって5着。「こうなることも覚悟していたけれど…」といいながらも、昨年同様に前々へ攻めて勝ちにいく競馬。「1回使っていればまた違ったと思う。次に戦うことがあれば…」と阿部騎手。もちろん次走以降に期待がつながる内容ですし、単勝式1番人気に支持され、ファンの熱い期待は伝わりました。


トウホクヒ#12441;シ#12441;ン
 笠松からのトウホクビジンは7着でした。



ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓
↓(追記あり)


 ちなみにリュウノボーイの血統を遡ると、牝系は小岩井農場に20世紀初頭に輸入された繁殖牝馬アストニシメント(10代母)に辿り着きます。その間にシアンモアの血も入っており、遠征馬とはいえシアンモア記念に一番ふさわしい血統馬が勝ったと解釈することもできます。

リュウノボーイの5代血統表

リュウノボーイの5代母、セイセンの5代血統表
  1. 2012/05/14(月) 20:30:36|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/646-067e568e

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search