ダービートライアル、七時雨賞の展望

 5月6日水沢競馬のメインレースは七時雨賞。3歳馬の特別競走で、6月4日に行われる岩手ダービー・ダイヤモンドカップ(盛岡2000m)のトライアルレースとなっています。距離は1900mで、出走全馬が1600mまでしか経験がなく、距離経験を積む意味でも重要な一戦です。


 もちろん主役は転入初戦のスプリングカップを圧勝したロッソコルサ
ロッソコルサ
 転入時からスプリングカップを迎えるまでは「動きは悪くないが、走る気を見せない」と考え込んでいた千葉幸喜調教師。ところが実戦では「返し馬から走る気があって、これなら前へ行くな」と小林騎手がいうほどに気合いを見せて2番手から抜け出し。その後もさらに良化を見せている様子です。「来た当初は、頭を低く下げていても15-15を出すのに押して押してでないと動かなかった。それが今は何もしなくても動く」と千葉幸喜調教師。状態面の不安は全くないといって良いでしょう。ロッソコルサを軸に相手を捜すレースと見るのが妥当です。

 ただ、今回は距離1900m、「岩手のレースであれば2000までは大丈夫だろう」とはいうものの、ロッソコルサの最適条件は芝のマイルあたりまでとも思えるだけに、距離延長で浮上してくる馬があればレースは面白くなるかもしれません。


リアルサンボーイ
 スプリングカップ2着はリアルサンボーイ。菅原勲調教師は「(前走がマイナス11キロで)470キロ位はないといけない」といいますが、それでもスプリングカップは2着確保。2歳時はトップクラスとは大きな差がありましたから、これだけでも大きな成長であり、乗り込みも順調。阿部騎手は「思ったほどには伸びなかったが、距離延長は大丈夫そうだ」とそのとき語っており、やはり動向注目です。


イルドフランス
 イルドフランスは知床賞以来の特別挑戦。まだ格下感はありますが、2歳時から同厩でジュニアグランプリを勝ったワタリドラゴンとの併せ馬では常に優勢と、先々走ってくる可能性を感じさせる馬です。



ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2012/05/05(土) 17:00:00|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/642-0e4d4c46

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search