発走検査はじまる

 第1回水沢競馬の申込、入厩締め切りを19日に控え、3月13日の水沢競馬場は発走検査(ゲート試験)が行われました。

ゲート
 画像下半分は内馬場に残る積雪です


ダイコチャン
 馬場に出てきたのは、木村暁騎手を背にした一頭の芦毛馬


 以前は転入馬に対する条件が厳しく、春の岩手競馬開幕前などは能力検査や発走検査が何レースも行われましたが、今はそれも緩和されてほとんど試験が不要になりました。ただ、デビュー前の新馬などにはもちろん必要で、この馬はダイコチャンという3歳未出走馬。父シーキングザダイヤ、母トーホウユカコで、きょうだいにトーホウバルカンやトーホウデートという岩手には馴染みある血統です。


スタート


ゴール
 無事にゴールへ

 只野厩舎はプリンクンやコロクンといった「なんだかかわいい名前」シリーズが昨年も活躍しました。ダイコチャンは未出走で最下級からのスタートになりますから、これも活躍のシーンがあるかもしれません。




期待


秘密
 現時点ではまだ詳細をお知らせすることはできませんが、ここにきて入厩馬が増えており、ちょっと話題になるような2歳馬、転入馬も見られるようになってきました。


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2012/03/13(火) 20:41:56|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/624-7b0ebca7

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search