FC2ブログ

菜の花賞回顧

 今日は本番、日高賞を直前に控えた、菜の花賞の回顧です。

 菜の花賞(4月13日、水沢1600m、3歳牝オープン)展望記事はコチラ
 ▲マサノパンダ
 ◎ピンクゴールド
 △ミラクルジョンコ
 …モエレアンドロメダ
 …サチノマオ
 …バトルアイ
 △マツノマオ
 …ダイショウルシアン
 ○ジェベルロバーツ
 …アイリッシュクイン


 ここでのカギは馬体重。今年牝馬路線の軸になりそうなピンクゴールドが、3月開催でマイナス18キロというスタート。その他も多くが馬体を減らしており、能力評価より状態の判断が優先される予想でした。サチノマオはそれを考慮して控えめの調整、マツノマオも追い切りはまずまずも「カイ食いが心配」(酒井調教師)。ピンクゴールドはシャープな併せ馬で先着したので、これを買って◎、同様に復活へ向けて強め強めと意欲的に乗り込んだジェベルロバーツを○としましたが、直前になって小林調教師は「少し(追い切りを強く)やりすぎたかも…」とピンクゴールドはさらにマイナス7キロ。ラジオ解説もあり、背筋ゾクゾクでレース本番を迎えることとなりました。

 ピンクゴールドは道中かなり離れて後ろから2頭目。向正面に入って一気の捲りをかけ、4コーナーでは先頭に並びかけましたが、そこで脚色が同じとなりマサノパンダに振り切られての2着。前半のスローペースを考えれば強い内容であったことは確かで、連複は的中してひとまずホッと胸をなで下ろしました。これで日高賞以降も期待がかけられそうですが、馬体重が減り続けないがどうかチェックは必要です。

 3コーナーでジェベルロバーツの進路が狭くなる不利があり審議となりましたが、失格および降着はなし。ジェベルロバーツだけでなく、マツノマオやアイリッシュクインも手綱を控えているように見えました。また最後方のモエレアンドロメダも少し影響を受けていました。このあたりは記憶にとどめておいた方が良いかもしれません。

 マサノパンダはメンバー構成を考慮すると、脚質的に連軸として信頼できそうなのですが、盛岡担当トラックマンからはいつも低めの評価。どうも攻め馬がサッパリ走らないタイプのようで、典型的な実戦タイプということなのでしょう。それでも、上位2頭で後続を2馬身2分の1離しており、日高賞はこの再戦というムードになりそうです。ただ、3歳牝馬路線は4レースしかないにもかかわらず、ひまわり賞まで開幕から4開催連続の施行。「3歳牝馬にこのハードなローテーションはいかがなものか」という意見も聞かれます。各陣営がどのように出走レースを選択してくるかにも、注目していただきたいと思います。

ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください



  1. 2008/04/25(金) 17:03:47|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/61-77ef370d

Recent Entries

07月 « 2020年08月 » 09月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search