南部杯へ向けてロックハンドスター

 10月10日、JRA東京競馬場で行われる、第24回マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)にロックハンドスターが岩手代表として出走します。

日曜日
 10月2日(阿部厩務員)


 期待を集めた青藍賞でしたが、みちのく大賞典同様に直線失速の6着。それまでの成績が成績だっただけに、敗因は内外でいろいろ囁かれるでしょうが、陣営が一番ショックだったことはいうまでもなく「最低でも2、3キロのプラスを想定していたので、マイナス体重は誤算。4コーナーまでは予定通りの位置取りだったんですがね。この成績では(南部杯へ)行けないと思った」(瀬戸調教師)と一旦は南部杯出走を諦めかけていましたが、「岩手代表として選ばれることになって切り替えた」。幸いロックハンドスター自身は敗戦後も大きなダメージはなく、次週すぐに攻め馬を再開していました。9月25日、10月2日に軽く流し、すこぶる順調。最終追いは6日木曜日、あいにくの不良馬場になりましたが、新パートナーの菅原俊吏騎手を背に時計を出してきました。


金曜日
 10月7日(追い切り翌日)

 追い切り後の馬体重はJRAから発表されていて475キロ(前走458キロ)、これから長距離輸送を経てレースへ向かうわけですから、ここから数字は減ることを考慮しなければなりません。今回はゴールドマインとともに「岩手代表」という責任が大きく、日本のダート最高峰のメンバーを相手にするわけなので、とても「復活を賭ける」というようなことはいえず、まさに「オリンピック精神」で戦いに臨むことになります。それでも岩手競馬のシーズンは、水沢競馬場の追加開催も決まって、いつも通り桐花賞、トウケイニセイ記念の1月9日まで続くわけですから、やはり「先へ繋がるレース」になることは求められます。

 今回ばかりは「ひとつでも上の着順を…」などというようなことは言えません。「第24回マイルチャンピオンシップ南部杯」に、岩手代表として現時点での力を出し切ってくれればそれで十分です。岩手競馬に関わる全ての人が、二頭を応援していると思います。


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2011/10/08(土) 17:41:23|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/579-25dd8622

Recent Entries

07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search