岩鷲賞の展望

 7月4日盛岡競馬のメインレースは、水沢信用金庫杯、アラキファーム・須崎牧場協賛、第43回岩鷲賞(ローレルゲレイロ賞)です。8月15日に行われるクラスターカップ(JpnIII)のトライアルレースになります。10頭エントリーのところ、3番ダンストンリアルが出走取り消しとなっています。

 ステップレースである早池峰賞の展開がもつれて、最後の直線リュウノキングダム、オシャベリコパでズブズブの差し決着になっており、その時のメンバーにみちのく大賞典組も加わってさらに混戦模様と映ります。

 ここで期待をかけたのはワイルドキャット
ワイルドキャット
 ワイルドキャット(板垣調教師)

 流れの速い南関東で先行力を生かして戦ってきたワイルドキャット。岩手転入2戦は1800mのあすなろ賞、2000mのみちのく大賞典を走ってきましたが、開催中止が影響した面もあり、本来は春の水沢で1600mを走っていたのではないかと思われます。中長距離でも見せ場十分であり、すでに岩手のトップクラスの位置は確保していますが「やはり1400から1600mくらいがベストだろう」と板垣調教師。「前回少しは絞れていると思ったが、(馬体重プラス2キロ)これは調教師の失敗」と巨体を絞るのに苦心しているようですが、そればかりに拘るよりも、これまでのレース内容を評価すべきでしょう。より適性ある距離になり、相手関係が楽になっているというのであれば首位奪取の場面十分と見ます。


オシャベリコパ
 オシャベリコパ(小野寺厩務員)

 同厩オシャベリコパは早池峰賞2着。直線一瞬はやったかというシーンがありました。転入初戦の時点では距離適性がハッキリしない状況でしたが、1400mはいかにも向いているという走りでした。まだ今後に様々な可能性を残していると思いますが、みちのく大賞典組が合流する分の相手強化に対応できれば、当然チャンスと思えます。


 前回だけで見限れないのが、早池峰賞1番人気5着のディスパーロ。前地から攻め馬の良さが結果につながらなかったり、連続して好走がなかったりと判断が難しいタイプのようであり、それゆえ逆に1走だけで評価を決めつけられません。大敗の可能性もありますが、一転首位まであって不思議はないでしょう。


 筆者はレースレベルを比較して、直線バッタリ止まって時計を要した早池峰賞よりも、みちのく大賞典のメンバーの方がハイレベルと見て予想を組み立てましたが、1400mの忙しい流れに戸惑うようであれば、展開は乱れが生じるかもしれません。その辺りの分析、判断が馬券的にも勝敗を分けるような気がします。



ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2011/07/03(日) 21:30:57|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/541-acf3a518

Recent Entries

07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search