逃げ切りでベストマイヒーロー、岩手ダービー制覇!

 6月13日に盛岡競馬場で行われた、ダービーウイーク2011、めんこいテレビ杯、社台スタリオンステーション・JBC協会協賛、岩手ダービー第31回ダイヤモンドカップ(マツリダゴッホ賞)は単勝式1.0倍(支持率78.3%)の人気を集めたベストマイヒーローが優勝。2歳路線三冠に続き、4つ目の重賞制覇となりました。


一周目
 「はじめから思い切ってハナへ行こうと思った」(菅原勲騎手)と10番枠からベストマイヒーローが逃げの手に。2番人気のヤマトスバル(緑帽、小林騎手)が続き、その後ろへトーホクスピリット(桃帽、斎藤騎手)、ドキドキ(橙帽、阿部騎手)、ペースは早くも落ち着く。

あと100
 一周して残り100メートル。ベストマイヒーローが後続を突き放し菅原勲騎手は大型画面を一瞥。2番手争いはヤマトスバルが粘るところ、外からスパルタン(黒帽、陶騎手)が伸びる。

コ#12441;ール
 ベストマイヒーローは楽々とゴールイン、その差は5馬身。「今日の感じでは全国(の舞台)へ行っても苦しいと思うので、もう一度立て直したい。遠征も強い相手も初めてになるので、自分(ベストマイヒーロー)がどこまでやれるかを確かめたい。もう少し精神面が強くならないと」と今日の菅原勲騎手はほとんど景気の良いコメントは飛びませんでしたが、それもこの先を見据えてのもの。瀬戸幸一調教師も「オーナーと相談してだが、次走はジャパンダートダービーへ。ロックハンドスターと同じ道を行きたいと思っています」と心はすでに次走へと飛んでいるようでした。

とみさ#12441;わ
 「疲れた」を連発したのは富澤厩務員。この1ヶ月だけでなく、昨年の今頃からずっとその思いでしょう。しかしここまで順調に使いたいレースを使っての8戦7勝はこの人の功績が大です。



スハ#12442;ルタン
 2着には6番人気のスパルタン、「もたれてもたれて」と陶騎手は繰り返していましたが、笠松から戻ってきて厩舎を移籍し、攻め馬でも騎乗したのは2ヶ月足らず。実戦は初騎乗でしたから健闘といえるでしょう。ビューチフルドリーマーの血(新馬戦紹介時)が岩手ダービーを盛り上げました。



ヤマトスハ#12441;ル
 3着は2番人気のヤマトスバル、攻め馬を強化して前走の体重を維持(マイナス1の455キロ)、いい雰囲気でしたが惜しくも2番手を守れませんでした。



ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2011/06/14(火) 20:23:50|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/529-231c789b

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search