新年度A級馬の紹介

 3月10日に岩手県競馬組合から発表になっていた、新年度格付けとして行われる予定であった「平成22年度第14回水沢競馬」(3月19日~28日)の格付上位馬をご紹介します。

 この格付は、例年通り「平成23年度岩手競馬」としての賞金計算法で編成されるものです。

●格付賞金算入方法(4歳以上)は
平成22年度第14回水沢競馬第1日の前日(3月18日)以前20競走
の本賞金の合計額を格付賞金に計算する。
この賞金は、JRA主催の競走は70%控除、
南関東4主催者の競走は50%控除。
など(ほかにも控除条件あり)

また、3歳については
総収得賞金順で、
JRA主催の競走は70%控除、
南関東4主催者の競走は50%控除。


A級
ロックハンドスター、マヨノエンゼル、サンキンスピーチ、
マイネベリンダ、メイホウホップ、ワイルドキャット、
サクラマジェスティ、コアレスレーサー、ダイメイジュエリー、
サトノスローン、トウカイマジック、ダンストンリアル、
ベルモントギルダー、イングヴェイ、アポロノサトリ、
マルブツコンバット、マイネルビジュー、ベルモントノエル、
マルブツワイルド、ハッピートーク、ダークライ、
ポアントゥブルボン、ジョウテンロマン、ウメノレイメイ、
イシノウォーニング、ゼットファースト、ブライティアピア、
サクラアーバン、アドマイヤサムライ、マンボパートナー、
ケイジーウォリア、モンセルバン、マイネルリファイン、
オンワードアコール、コアレスランナー、ヒカルメイオー、
エスユーペニー、クリスティラビット、タケデンヴィーナス


3歳上位
ベストマイヒーロー、セリトスガッテン、トーホクポラリス、
グランプリボーイ、トーホクスピリット、ゴールデンタイガー、
スニーク、シュクモモコ、パラダイスアンバー、
ドキドキ、ガッテンモントレー、サンリクロマン


 このリストは3月19日からの第14回水沢競馬に出走を申し込んでいた馬の格付であり、ここに名前の無い賞金上位馬もいます。岩手競馬の復活第1回目となればこれらのエントリーも考えられ、一部の馬にはクラス変動があることをご承知置きください。



←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2011/04/12(火) 13:37:07|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/504-ce6158d4

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search