日曜出走!シーグランディの近況

 今週のJRAはフェブラリーステークスがメイン。船橋所属のフリオーソがメイセイオペラ以来の地方馬によるJRAGI制覇なるかに注目が集まっていますが、その当日の3歳特別、セントポーリア賞(500万下、芝1800m)に水沢からシーグランディが4回目のJRA挑戦を予定しています。

 シーグランディは水沢競馬場所属ですが、岩手競馬の冬季休催中は馬場も使用できず、前走若竹賞前はJRA美浦トレーニングセンターで調整していました。その後も筆者は馬を見ていませんので、佐藤雅彦調教師にお話をうかがいました。

●前走後の過程について教えてください
 「レース後は松風馬事センターへ移動して2月12日の東京を予定していたのですが、地方馬枠の補欠になってしまい、繰り上がりを待っていると調整が間に合わなくなるのですぐに目標を次の週(2月20日)に切り替えました。これに選ばれたので、2月10日に美浦トレーニングセンターへ入厩しました」

●調教などは順調ですか?
 「今回は調教方法を変えて、坂路とポリトラックコースを使って乗り込んでいます。とても走りやすいようで、乗っている菅原勲騎手も『これじゃダートコースはもう走れないな』というほどです。ダートで乗っている時よりも動きをよく見せますね。ダートコースで時計を出す馬は少なくなっていますし、多くが坂路、ポリトラックとウッドチップコースで時計を出しています。これだったら脚元への負担も軽いでしょうし、不安のある馬でもしっかり乗り込んで実戦へ向かえるのでしょうね」

●追い切りは?
 「日曜日(13日)に一本やって、今日(17日)に最終追い切り。終い重点で軽くスッとやる程度でした。順調にきていますし十分な運動量だと思うのですが、前走後食いが上がることもなく、体重は増えてきていますね。必要なところへ筋肉がついてきているという気がします」

●長期間滞在が続いていますし、何度も輸送していますが順調そうで期待できそうですね
 「福島遠征の時もそうだったのですが、美浦トレーニングセンターも2回目となると落ち着いてきています。そういう意味で意外に強い馬なのだなと思いますね。調子の波がないし、デビュー時からずっとローテーションも狂わない。(このあと一息入れる話もありましたが)これだと休むのももったいないですし、調子のいいうちは使っていきたいという気もします。東京の1800mもペースは落ち着くだろうし、日曜日が雨予報なのも気になりますが、これだけの施設を使わせてもらっているのだから、なんとか結果につなげたいですね」(2月17日午前、電話インタビュー)

前走時



ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2011/02/17(木) 16:22:08|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/488-775161a7

Recent Entries

07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search