三冠はゴールではなく通過点、ロックハンドスターの挑戦は続く

 いよいよ復活したダービーグランプリが明日に迫りました。強豪が集まる地方全国交流競走ですが、同時に岩手3歳路線の三冠目でもあり、ロックハンドスターにとっては三冠の偉業もかかる大一番となりました。

ロックハンドスター

 今年の岩手3歳三冠は5月の岩手ダービー・ダイヤモンドカップ、10月の不来方賞とこのダービーグランプリ。阿久利黒賞も含め、岩手の同世代相手では無敵のロックハンドスター。ここでの相手は5頭の遠征馬と限定して良いでしょう。

パドック

 岩手県内では無敵でも、ジャパンダートダービー、黒潮盃と遠征では苦杯を舐めたロックハンドスター。それだけに地元戦となる今回も決して楽観視はしておらず、早くから瀬戸幸一調教師は「ここでどのくらい強い馬に食い下がれるか。それが今後を占う」と見ており、その内容を最重要視しています。特に羽田盃馬シーズザゴールドや、ニューイヤーカップを勝ったウインクゴールドといった南関東の実力馬が参戦してきたことで、まさに相手にとって不足なしと言える舞台が整ったといえます。

阿久利黒賞

 ロックハンドスターを担当してきた阿部哲也厩務員(画像一番上の攻め馬も)も気の抜けない日々が続きます。2度の大井遠征で壁に当たってからも、地元では負けられないレース続き。特に不来方賞の時はプレッシャーを感じていたようです。今回は「強い遠征馬を負かしてやろうという気分でやればいいですよ」と筆者はチャレンジャー精神を強調しましたが、さて胸中はどんなものでしょう。

 調教は先週の中間追いが意外に動かず、「ボケているんだかなんだか分からないが、あれから変わってきたよ。最終追いは前半行きたがった分終いがかかった。(最後1ハロン)12秒台前半で来てくれれば良かったんだけれどね」と。これまで調教タイムなどで心配したことはほとんどなかっただけに、ちょっと気になる数字が残りました。それでも「もう実戦への身体作りを自分で始めている。本当に頭のいい馬だ」との話を聞けば、さほど心配することでもないのかもしれません。

 目標はダービーグランプリを勝っての三冠だけでなく、再度遠征競馬への挑戦。毎週の会話の中にも常に「強い相手と戦っていきたい。Gレースではなく、S(南関東の重賞)でいい」と。その話題の中には、常にマグニフィカやツルオカオウジの存在がありました。「(ここも大事だけれど)通過点だからね」。ダービーグランプリは再度遠征に向かうステップとなる一戦ですが、できればそこに「1着」の数字を入れて通過してくれれば…と筆者も静かに願っています。


大井


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2010/11/21(日) 15:50:00|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/454-5dcb3af2

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search