ダービーグランプリに出走する牝馬2頭

 今週の水沢競馬は日、月、火曜日の変則開催。今日はもう金曜日ですが、明日は競馬がなく、ちょっと勘が狂っています。すでにダービーグランプリの枠順も発表されました。遠征馬5頭も無事出馬投票され、計12頭の争いです。


 岩手代表7頭のうち、牝馬が3頭います。そのうち2頭が水沢所属馬です。

コンゴウプリンセス
 ひまわり賞馬コンゴウプリンセス。北海道で認定新馬勝ち、JRA6戦を経て6月に水沢へ移籍。JRAの短距離戦で先行するスピードがあり、追い切りなども素晴らしい時計を出すのですが、その頃は反動が大きく「予想者泣かせ」。それでも実戦へ行けば古馬A級並みの時計で走り、ひまわり賞はロックハンドスターの岩手ダービー・ダイヤモンドカップを3秒以上上回る時計で10馬身差の圧勝。一気にヒロイン誕生となりました。ところがその後3戦はバッタリ止まって大敗。牝馬の逃げ馬らしい波の大きな成績でファンを悩ませてきました。

 ようやく前走は水沢1600mを逃げ切り快勝。まさに気分よく走った結果でありますが、3歳のうちに古馬A級を勝つ馬など、よくよく考えると近年でもサイレントエクセルくらいしか思い浮かびませんし、レベル差は多少あるにしろやはりすごい馬です。「南関東の(先行)馬がいるからなぁ」と村上昌幸調教師はつとめて控えめですが、盛岡2000mの持ち時計ナンバーワンという事実は「ひょっとして」と思わせるに十分です。重賞初制覇の坂口裕一騎手とのコンビで、見せ場以上を期待します。


ダイメイジュエリー
 ダイメイジュエリーは北海道から移籍してきてちょうど1年。平場、プリンセスカップ、牡馬混合の寒菊賞と3連勝。明け3歳の春初戦あやめ賞も勝って、3歳牝馬路線の中心はこの馬で間違いないと思わせました。しかし、GRANDAME-JAPANシリーズとなった留守杯日高賞でエレーヌら笠松勢に完敗。そこから勝ち星がありません。しかしよくよく内容を精査すると、牡馬のトップクラスや、コンゴウプリンセス、夏以降の転入馬に先着を許した程度で、自身は崩れなく力を出しています。今回はさらに強力遠征馬を迎えて厳しい条件ですが、「今回は前にどのくらい食い下がれるか。その内容に注目している」とメイホウホップで北上川大賞典を制したばかりの阿部憲治厩務員(上の画像も)。今回は高松亮騎手に手綱が戻ります。


 南関東所属馬については、高橋華代子さんのブログ「南関魂」に紹介されています。
取材レポートはのちほどアップされるそうですが、この日はお食事中の姿です。



ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2010/11/19(金) 20:01:31|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/452-fd4b5c4f

Recent Entries

07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search