サクラアーバンが名古屋グランプリに出走

 12月23日の名古屋競馬第10競走、名古屋グランプリ(JpnII)に水沢からサクラアーバンが出走します。
 岩手ではあまりなじみのないレース名かもしれませんが、2004年にデンゲキヒーローが陶騎手でワイルドソルジャーの0.3秒差3着と、大きな見せ場を作ったレースです。

 サクラアーバンは3歳6月のJRAデビューから、北海道-名古屋-岩手-JRA-金沢-名古屋と転戦して、この春に水沢へ転入。JRAで500万級勝ち、金沢、東海でもA級で好戦していた馬が、転入条件に恵まれて岩手ではC2級スタート。当然のようにいきなり7連勝、フェアリーカップ2着、ビューチフル・ドリーマーカップ7着と古馬牝馬トップクラスの一頭に数えられるまでになりました。その後も勝ち星を重ねて今季11勝(通算16勝)。夏あたりからはグランダムジャパンシリーズへの遠征も計画されたのですが、出走枠から外れるなど機会に恵まれず、今回はオーナーの地元である名古屋でグレードレース挑戦となりました。

サクラアーバン
 追い切りは山本聡哉騎手

 前走ゴールデンステッキ賞快勝後もクイーン賞、総の国オープンに登録しましたが、いずれも補欠止まり。その分レース間隔が取れたのは、今回に関しては好都合でしょう。佐藤浩一調教師は「一年間頑張ってくれた7歳牝馬でこれ以上の上積みとはいかないだろうが、好調はキープしている。長距離輸送もあるが、頑張ってほしい」と、さすがに条件を考えると控えめなコメントでしたが、シーズン中あまり強い調教のない馬が、直前は馬場悪化のなか好気合いで脚を伸ばしていました。2500mは初めてになりますが、名古屋競馬場は走り慣れたコース。当日手綱をとる大塚研司騎手(笠松)も名古屋所属時に騎乗経験があり、遠征の不利は限りなく軽減されているといえます。



ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2010/12/21(火) 13:57:50|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/450-5c1d1e77

Recent Entries

07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search