マイネベリンダがビューチフル・ドリーマーカップを逃げ切る!

 8月30日に水沢競馬場で行われた、スポーツニッポン杯、社台スタリオンステーション協賛、第36回ビューチフル・ドリーマーカップ(ファルブラヴ賞)は地元岩手のマイネベリンダが逃げ切って優勝しました。

口取り


マイネベリンダ
 好スタートから絶妙のペースで逃げたマイネベリンダと斉藤雄一騎手。1、2コーナーでペースを落とし、向正面に入るとペースアップ。上がり800m50秒0、600m37秒7でまとめて後続の追撃を振り切りました。岩手の古馬牝馬重賞は1年でこのレースだけ。「このレースのために頑張ってきたからうれしい」という斉藤騎手の言葉は素直な気持ちでしょう。


エレーヌ
 2着は笠松のエレーヌ。4月の留守杯日高賞に続く遠征でしたが、今回は前走から中4日。それでもレースには疲れを感じさせませんでした。「3コーナーでコンゴウプリンセスの手応えが悪いのを見て、勝ったと思ったんですが…」と筒井勇介騎手。好スタートの3番手キープがかえって裏目に出たような印象です。むしろ兵庫サマークイーン賞のように、後方から早目の捲り合戦に持ち込んだ方が前を捕まえられたかもしれません。それでも、あらためてこの馬の強さは示されました。


トウホクビジン
 3着も笠松のトウホクビジンと高松亮騎手。3歳1月、金杯以来の水沢でも「走り慣れたコース」という印象で、追い込みに賭けるどころか内々の好ポジションキープで4コーナーからあわやのシーンがありました。


ライネスゴルト
 4着は北海道の上がり馬ライネスゴルトと小嶋久輝騎手。初遠征のハンデというよりは、いかにも展開が向かなかったという負け方でした。


プティフルリール
 2回目の水沢遠征になるプティフルリールは菊地康朗騎手騎乗で8着。馬体重346キロでした。


ヒビキウィン
 西脇(兵庫)からのヒビキウィンは関本淳騎手で9着でした。


ガッツポーズ
 地元勢快勝にスタンドからも大きな声援が飛び、斉藤騎手も声援に応えてゴールに続き、戻り際も大きなガッツポーズでファンに応えました。


 こちらでも観戦記を書きました。読んでください。
Web Furlong 2010



ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2010/09/01(水) 21:06:15|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/418-284a4ac5

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search