この条件にかける、サファイア賞

 8月8日盛岡競馬のメインレースはサファイア賞。3歳馬による芝2400m戦で、当然ながら全馬初距離になります。5月のはまなす賞-オパールカップから続く芝路線の戦いで、下級からの挑戦も含み12頭フルゲート。特殊な条件であるだけに、多くの馬にチャンスありと思えます。


ゲンパチオブラヴ
 中心となるのはゲンパチオブラヴ。転入後5連勝で3歳オープン初挑戦となった、はまなす賞を鋭く抜け出し快勝。地方全国交流重賞のオパールカップは6着でしたが、遠征勢が上位を独占しており、岩手所属馬では2番目の入線でした。当時から小林俊彦騎手は「芝の方が良い」と語っており、新田守調教師も「かかる馬ではないから、距離延長は大丈夫だろう」と。連勝当時の勢いこそ感じられませんが、ひまわり賞の4着もまずまずの内容で、今回久々にチャンスが回ってきたように思われます。


コンバットジェット
 「この条件に賭ける!」という思いが伝わってくるのはコンバットジェット。昨年デビュー当時(新馬戦1番人気2着)から期待の高かった馬ですが、気性の難しさもあってかここまで未勝利。それでも2歳時ジュニアグランプリ4着、今季もJRA交流のフレンドリートロフィーエメラルド賞2着、前走のオパールカップは5着も岩手勢では最先着でした。その後間隔を取ってここを目標に、条件に対する適性という意味では一番でしょう。「暑さに堪えた時期もあったけれど、ここを目標に乗り込んできたし、芝ならダートよりはまじめに走ってくれる。なんとか頑張ってほしい」と攻め馬をつける飯田調教師補佐。


ダイメイジュエリー
 堅実度という意味ではダイメイジュエリー。惜敗続きのイメージもありますが、レースを振り返るとそれぞれに見せ場があり、レース展開や不利なども重なっていました。その中でも転入当初の気難しさは解消しているように思いますし、豊富な経験で距離に対する適応力もついてきています。上昇度という要素は少ないですが、馬券対象としては欠かせないでしょう。



ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2010/08/08(日) 12:15:07|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/407-cb21fcae

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search