ジャパンダートダービー観戦記

 7月14日、大井競馬場。第12回ジャパンダートダービー(JpnI)に水沢からロックハンドスターが出走しました。


パドック1
 内は阿部哲也厩務員、外は川島正行厩舎の認定厩舎に所属する瀬戸健太厩務員(瀬戸幸一調教師の次男)。ロックハンドスター初の大舞台とは思えぬ二人の表情。


パドック2
 パドックに入ってきた当初は尻っぱねなどを見せていたロックハンドスターもすぐに落ち着きを取り戻す。


騎乗
 中間の調整過程を順調に消化し、輸送も問題なし。大井の厩舎に入ってからも「飼い葉もほとんど食べたし、全く変わりない」と阿部厩務員。馬体重457キロ(マイナス1)も計算通り。この日のために用意したマスクを着用し、力を出せる態勢と映ったが・・・。


 冷静に予想者として判断すれば、ロックハンドスターは「ひょっとしたら」の期待はできても、やはり無印。JRAの馬が6頭おり、その次を争うという評価をしていました。7番人気という最終的な人気はちょうど妥当なところでしょう。

 ジャパンダートダービーに岩手所属馬が出走するのはこれが4頭目。ベルノネ8着、オウシュウクラウン3着、モエレハナオー13着という結果が出ており、オウシュウクラウンの成績とロックハンドスターの成績を比較して、今回通用するかどうかをずっと考えていました。

 オウシュウクラウンの世代は岩手ダービー・ダイヤモンドカップは水沢1600mでした。初めて盛岡ダート2000mを戦うのは、このレース後の8月に不来方賞で2分09秒4、ロックハンドスターの岩手ダービー・ダイヤモンドカップは2分11秒3を要していました。水沢1600mの持ち時計はほぼ互角でしたが、オウシュウクラウンの世代は近年屈指のハイレベル世代、テンショウボスやサイレントエクセルと毎度激しい戦いを続けており、戦うごとに地力が強化されていく印象でした。最近の盛岡ダートは幾分時計がかかりますが、それを割り引いても現時点のロックハンドスターは「1秒足りない」という計算結果に。ジャパンダートダービーでのロックハンドスターの走破タイムは2分07秒2(重)、オウシュウクラウンは2分06秒4(良)と、おおむね計算通りの結果が出ました。改めてオウシュウクラウンの強さも再認識することになります。


 「本馬場に入ってから物見をしてしまって、走る気がなかった」というのが菅原勲騎手の感想。スタートから全く行き脚がつかず、後ろから2頭目の追走。筆者は正直、1周目のスタンド前で大敗となることも覚悟しました。マグニフィカが作る絶妙のペースは遅めの平均ペース、後半もペースの落ちない上がり勝負となり、後方のロックハンドスターには厳しい流れでしたが、じわりじわりと脚を使い9着。レース上がり37秒8に対し、ロックハンドスターの上がりは38秒3であり、大きく差を広げられることはありませんでした(上位5頭は上がり37秒台)。

 マグニフィカの作ったペースはJpnIとすれば平均ペースかもしれませんが、ロックハンドスターにとっては体験したことのない流れ。「レース後息遣いが元に戻るまで、今までよりずっと時間がかかった」と阿部厩務員。初馬場や、ナイターなど様々な敗因が考えられますが、ロックハンドスターがペースの違いに戸惑ったこともその一つになるのではないかと思います。岩手競馬の中長距離戦では体験できない流れでしょう。

マグニフィカ
 優勝したマグニフィカ


バーディバーディ
 1番人気のバーディバーディはよもやの6着失速。


 それでも・・・トータルでのタイム差は2.0秒差にとどまりました。善戦とはいえない数字ですが、「この程度なら」と思えるところにいるような気がします。岩手から南関東やJRAに遠征した馬の多くが馬体重を減らしたりする中、ロックハンドスターは初の大舞台挑戦ながら多くの関門を突破してきましたし、今後へ向けての課題も整理されたはずです。そして、目標となるライバルの姿が2.0秒先にあると分かったことも大きな収穫でしょう。菅原勲騎手の「こんなに走らない馬ではない」という言葉にも、ロックハンドスターの可能性と期待の大きさがうかがえます。

 2日経って、ロックハンドスターの疲れを心配する筆者に「全然!」と阿部厩務員。結果に納得がいかないのは応援したファンよりもむしろ当事者サイドのようで、ガッカリするような雰囲気が全く感じられないどころか、逆に闘志に火がついてしまったかのように見えます。再度の挑戦はそう遠いものではないようですから、次回出走へにもご期待ください。応援ありがとうございました!


マスク



ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2010/07/16(金) 20:37:09|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/395-aaea3cfc

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search