FC2ブログ

いよいよ2歳新馬戦スタート!6月20日4Rの出走馬紹介

 6月20日の水沢競馬は、いよいよ2歳馬の頭数が揃い、4Rにフューチャー競走(2歳新馬戦)が組まれました。今年からJRA認定競走は9頭以上での編成となります。今年もその出走馬を紹介していきます。

リュウノツヨシ
 早くも「リュウノ」の馬は新馬初戦から3頭が出走します。リュウノツヨシの父はタヤスツヨシ、能力検査は平凡でしたが、直前攻め馬のピッチを上げ、ゲートからも飛ばされてきました。


リュウノマッハ
 リュウノマッハは父プリサイスエンド、母はオハナチャンで、兄には追い込みの超個性派ワラッテオクレヨ、1つ上の全兄リュウノブラックは南関東現役で2勝しています。


アンダースポット
 アンダースポットは父ストラヴィンスキー。能力検査から素晴らしいスピードを披露しました。首をグッと下げたフォームからも現時点での完成度を感じさせます。「アンダー」というだけで新馬戦の有力候補という印象を受けますが、これまで岩手の新馬戦で何頭の「アンダー」が勝ってきたことでしょう。


テンショウベガ
 テンショウベガ(外)は父ティンバーカントリーの栗毛大型馬という点で、テンショウボスとイメージがだぶります。能力検査の通過第一号(5月7日)でしたし、大型馬でも乗り込みは相当進んでいる模様です。


リュウノスマッシュ
 リュウノスマッシュも先のテンショウボスと同じ能力検査に出走、同タイム2着で通過しています。父は新種牡馬リンカーン、ここで勝てば新種牡馬1勝目になるかもしれません。母ダイヤモンドラップはギャロップダイナの妹です。


カミノヌヴォー
 カミノヌヴォーの父は「高崎でサンデーサイレンス産駒デビュー」と当時話題になったカミノサイレンス、そして2つ上の兄が新馬から連勝して2歳路線を賑わせたカミノフジ(大井現役)です。これも500キロを超える大型馬ですが、初戦から動けそうな雰囲気です。


ダークセレブ
 ダークセレブは父ダンスインザダーク、母シュンサクヨシコということで、昨年デビューし、認定競走を勝ったリュウノオパールの下(つまりヒシミラクルの下)ということになります。能力検査は平凡でしたし、血統だけ見れば芝でこそのタイプかもしれません。


ゴールデンタイガー
 これも例年活躍馬を出す「ゴールデン」軍団からはゴールデンタイガー。父はトウカイテイオーです。仕上がりの割に能力検査が案外の印象も受けましたが、幾分スムーズさを欠いたところもあり、十分上積みはありそうです。

 

ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2010/06/19(土) 17:30:00|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/383-e9accb93

Recent Entries

07月 « 2020年08月 » 09月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search