衝撃の圧勝でソニックルーラー古馬重賞路線へ!

 3月29日のA級一組戦「楽天競馬賞」は転入馬5頭というメンバー構成で予想は難解でしたが、結果はその転入馬のうちの一頭、ソニックルーラーが6馬身差で圧勝しました。

ソ運動
(4月1日午後のソニックルーラー)

 レース前の小林義明調教師は「実績(JRA1600万級)からこのあたりで好勝負してもらわなければ困るけど、とにかく一回走ってみないことには何ともわからない。JRAで好走していたときは500k前後のようだから、少し重いかも(発走調教検査時516k)しれない」と半信半疑の状態でしたが、レース当日の馬体重は前走からマイナス15kの511k。きっちりと態勢整って実戦で結果を出しました。


 「状態はどこにも悪いところがないし、いつも落ち着いているのは長い距離を使われてきたことがあるのかな。乗り役(小林俊彦騎手)も走りには感心していた。なんとかこの馬で一年間楽しみたいね」と藤原厩務員。今開催は4月11日の赤松杯に登録があります。昨シーズン後半はゴールドマインとマヨノエンゼルの一騎打ちムードだった古馬路線ですが、この春の転入馬の中から早くも一頭楽しみな馬が出現したといえそうです。

ソニックルーラー


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2010/04/01(木) 17:56:56|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/350-de007121

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search