20日は1レースからお越し下さい

 3月20日、水沢競馬の枠順が確定。いよいよ岩手競馬が再スタートします。平成21年度の最終開催であり、各種リーディングや組合の収支など節目の開催ではありますが、馬のローテーションなど厩舎関係者にとっては、ここをシーズン開幕と考える方がごく自然です。競馬新聞社にとっても同様で、冬休みが終わって、また寝不足と戦う日々が始まりました。


ゴール版


 この開催は重賞、特別レースは実施されませんが、各種協賛レースや場内ファンサービスが行われて、なかなか賑やかになりそうです。初日は古馬B1級の「奥州市職員奥馬の会会長賞」がメインとなりますが、筆者の注目は3歳A級戦。6頭立てと少頭数になったため第1レースに廻されてしまいましたが、次開催から牡牝ともに特別、重賞とステップしていくだけに、やはり目を離すことはできません。

 6頭立でも予想は意外に難しかったですが、セイントネイティブに期待します。デビューから13戦して2着3回、3着6回、前走の金杯も4着。未勝利ではありますが、認定競走や特別、重賞競走を走り続けたもので、能力自体は世代トップクラスのものでしょう。直線抜け出しかかったところで脚が止まってしまうようなケースが多く、今後の活躍は気性面の成長にかかっているでしょう。シーズン当初ですが、なかなか良い調教を消化しているように思います。

セイントネイティブ
セイントネイティブ(高橋騎手、実戦は阿部騎手)

 ダンストンルティーは昨年11月2日に北海道交流の知床賞を勝った馬。このときは折り合いに苦しみながら3コーナー過ぎに先頭。そのまま後続の追撃を振り切りました。道中は幼さを見せて内へ行ったり外へ行ったり、阿部騎手が「あんちゃんのようなレースをしてしまった」と振り返っていたのが印象的でしたが、それで勝ってしまうのですから秘める能力は相当高そうです。知床賞後は激走の反動が大きかったようで1走しかできませんでしたが、この春は順調に来たようです。今週の追い切りは古馬も含めての一番時計、まさに「未完の大器」と思える一頭です。

ダンストンルティー
ダンストンルティー(村上騎手)


 さてこのレースには、ロックハンドスターの登録もありました。阿部騎手で追い切りも消化し「いつでも使える状態」(瀬戸調教師)でしたが、「直前まで考えましたが、一般戦で58キロを背負うこともあり、回避することにした」とのこと。もっとも、冬の時点から「4月から重特路線」との予定でしたから、むしろ仕上がりが早く進んでいるものと解釈した方が良さそうです。

ロック馬房



ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2010/03/19(金) 16:18:57|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/345-88074a1d

Recent Entries

07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search