日曜からは笠松競馬にも注目、山本聡哉の挑戦がスタート!

 山本聡哉騎手が冬期間、笠松の加藤幸保厩舎に所属してレースに騎乗します。

 山本聡哉騎手は高知の全日本新人王争覇戦優勝や、佐賀での短期騎乗など遠征経験も豊富。昨年度あたりから成績を大きく伸ばしてきています。トーセンザオーではJRAや大井の東京盃出走も果たしました。

 今回の笠松競馬場は「名馬、名手の里」というだけでなく、小回りで全国屈指の難コースという印象を受けます。全国の競馬場をまたにかける内田利雄騎手にも同様のことを伺ったことがあります。そういった競馬場で山本聡哉騎手がどのような経験を積んでくるのか、実に楽しみです。1月17日は笠松競馬の開催初日で、早速3頭に騎乗予定があります。1頭目は第5レースのウィンウィンという馬ですが、いきなりからチャンスがありそうな近走成績です。

 岩手エリアでは2月に入らないと笠松競馬の場外発売はありませんが、インターネットではレースを見ることもできますし、馬券の購入も可能です。佐賀だ荒尾だ、あるいはこれから菅原勲騎手が騎乗する南関東だ・・・と、むしろ岩手競馬開催時より忙しくなるほどですが、笠松競馬での山本聡哉騎手にもご注目下さい。

としや





 さて、昨日紹介した佐賀のM&Kジョッキーズカップですが、第1戦は期待した通り陶文峰騎手のオカールノキセキが見事逃げ切って優勝しました。

 インターネット映像を見ていると、このM&Kジョッキーズカップは佐賀、荒尾の4戦をポイント制でどうのこうのという声が聞こえたのですが、どういうような仕組みになっているのか筆者が見たところ佐賀、荒尾、岩手のホームページなどでは紹介されている様子がありませんでした(もし紹介されていたらお詫び申し上げます)。

 各競馬場では紹介がされているのだとは思いますが、ここであらためてその実施要領について抜粋して紹介いたします。


●表彰対象レース・・・
 2010M&Kジョッキーズカップ第1戦 in Saga(1月17日)
 2010M&Kジョッキーズカップ第2戦 in Saga(1月18日)
 2010M&Kジョッキーズカップ第3戦 in Arao(1月20日)
 2010M&Kジョッキーズカップ第4戦 in Arao(1月21日)

●騎手表彰順位の決定方法
 上記の対象レースの着順により下記の点数を1レース毎に与え、その総合得点で順位を決定する。
第1着20点、第2着15点、第3着13点、以下順に11、10、6、5、4、3、2点。

 出走馬不足、出走取消、競走除外等、騎手本人の責によらないで騎乗できなかったとき並びに競走中止により着順のない時は、その競走に出走した馬が全て入線するとした場合における最下位の得点と同じ得点を与える。

 騎手本人の責により騎乗できなかったときまたは失格したときは、得点を与えない。

 同着の場合における得点は、その着順以下同着となった者の数に相当する着順までの得点の総数を、同着者の数に等分して同着となった者に与える。

 参加騎手の通算の騎乗成績により、上位3名に対し表彰を行う。



 なんだか、けっこう大事なところが抜け落ちているような気もしますが、この要領によれば第1戦終了時点で・・・

 陶文峰騎手が20点で現在1位、
 村松学騎手が13点で現在3位、
 阿部英俊騎手が10点で現在5位、
 沢田盛夫利騎手が6点で現在6位ということになります。

 第2戦はこのようなメンバーです。

 
ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


ぜひクリックで一票をお願いします



  1. 2010/01/16(土) 21:01:19|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/327-b52f7082

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search