FC2ブログ

悩んだ、迷った、桐花賞の最終決断!

 いよいよ明日12月31日の水沢競馬は2009年の岩手競馬を締めくくるグランプリレース、第35回桐花賞(ハーツクライ賞)です。2000mの距離をファン投票、専門紙記者選出の10頭で争います。

 27日からスタートした水沢競馬は例年と違い降水量が少なく、馬場表面には水の浮いてこない状況。比較的時計のかかる重、不良馬場であり、逃げ、先行馬よりは差し馬の活躍が目につきます。これは例年の冬の水沢とは違う異例の展開。ここまで4日間の予想も、一見平穏には見えてもかなり苦戦を強いられています。

 桐花賞も同様で実に難解。逃げ馬から差し馬までそれぞれ個性が際だっており、天候、馬場の変化でガラリと展開、着順が変わる可能性を秘めています。そういった面も含めて展望を進めます。


エイシンイッパツ
 秋に大井から転入、A級一般戦を3連勝中のエイシンイッパツ(板垣騎手)。12月7日の1800m戦を1分53秒1で優勝、メジロゼウス(及川良春騎手)のレコードを23年ぶりに更新しました。「逃げ馬ということだったが、南関東では短距離戦で潰れていた。JRAの実績からは中距離タイプ」と転入当初語っていた瀬戸幸一調教師。この移籍は大成功となりました。強気に挑戦した北上川大賞典は4着。まだ岩手での知名度は今一つだったため、前々走レコード勝ちの時点で「桐花賞に選ばれないか?」という心配もありましたが、最終的にはファン投票の枠に入りました。当初想定されていた先行争いのライバル、ジュリアやリュウノケンシロウが回避。「思ったほどに馬場が軽くなってこないですが、前へは行きやすいですね。ダンディキングも一叩きで良くなってきていますから、2頭で前へ行っても面白いですね」と瀬戸調教師。不安点があるとすれば、30日の時点でまださほど雨雪が降ってこず、あまり馬場が軽くなっていないことと、選定されるか微妙だったことから21日の競馬を使ったことによる疲れが残っていないかという2点です。


トキワノマツカゼ
 古馬路線初挑戦の12月6日の白嶺賞を勝ち、桐花賞でも有力候補に浮上してきたトキワノマツカゼ(坂口騎手、実戦は菅原勲騎手)。白嶺賞が岩手転入後初勝利であり、同時にマヨノエンゼルにも一矢を報いることになりました。さすがに白嶺賞は上手く行き過ぎの感はありますが、勝ちは勝ち。「追い比べでは少し分が悪いから、早めに前へ行って粘り込みを図ることになるのかな」と村上昌幸調教師。2000mダイヤモンドカップ、不来方賞の善戦があり、あまりマイナス材料にはならないでしょう。ただ前走の再現を狙うには、エイシンイッパツ同様、もう少し先行有利の馬場が欲しいところです。


ハルサンヒコ
 ハルサンヒコ(高橋騎手、実戦は村松騎手)は今季未勝利というよりは、2007年9月、僚馬セイントセーリングの三冠を阻止したダービーグランプリ以来勝ち星がありません。一時の走りからは復活は難しいかとも思っていましたが、ここにきて連続2着。鈴木七郎調教師が出走権を気にし始めたあたりから、確実に復調のきざしは見えていました。高橋悠里騎手からも「(連続2着の)水沢戦になって3、4コーナーの走りが良いんですよ。桐花賞に選ばれないですか?」と早くから聞かされていました。これもエイシンイッパツ同様、ファン投票当落線上にいましたが、こちらは前開催を思い切って回避し、ここに勝負をかけてきました。中間の調整過程は今季一番と思えますし、「奇跡の復活」に期待して一票を投じる価値はあるように思います。ダービーグランプリを勝ったのはコースこそ違えど、不良馬場の2000m。これまた一雨(雪)欲しいようです。


ヒカルメイオー
 最後の最後で印が回らなくなり、「ごめんなさい」はヒカルメイオー(岡堀厩務員、実戦は南郷騎手)。昨年10連勝の印象が薄れた今シーズンでしたが、冬になってその勢いが戻りつつあります。夏場でも強い稽古をガンガン続けていましたが、今季ほとんど休み無く出場。「馬体重とかそういうことを心配したことがない」と城地俊光調教師。白嶺賞でコース巧みに2着争いを制したシーンは4年前の桐花賞、マツリダパレスを思い出させます。マツリダパレスは城地藤男厩舎所属でしたが、城地俊光=南郷家全のコンビはその時と同じです。





 もし良馬場2000mで考えるなら、ゴールドマイン、マヨノエンゼルの2頭が上位かとも思えるのですが、今の水沢馬場に良馬場を望むのは不可能であることから、予想が難しくなります。上がり馬コアレスレーサーももちろん圏内の一頭でしょう。29日の時点で思ったほど馬場悪化がないことからマヨノエンゼルを軸としましたが、もしオートレースのように走路状態別の予想が可能であれば、印はガラリと変わるでしょう。いずれ確たる軸馬が存在しない今回の桐花賞、天候、馬場状態は気になりますが、ちょっと荒れ模様との天気予報もありますので、水沢競馬場や各場外へはお気をつけてご来場下さい。締め切りギリギリまでお悩みいただき、当たり馬券をお買いあげいただきますようお祈り申し上げます。


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


ぜひクリックで一票をお願いします



  1. 2009/12/30(水) 21:10:27|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/317-9dfb6162

Recent Entries

07月 « 2020年08月 » 09月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search