9月27日第4レース、新馬戦の出走馬紹介

 前回に引き続き、9月27日盛岡競馬第4レース、フューチャー競走(2歳新馬戦)の出走馬を紹介します。


パールレディ
 クロフネ産駒ということでちょっと注目の存在だった芦毛のパールレディ。ジックリ乗り込まれながらの能力検査はまだ重目の印象でしたが、楽に好タイムを出してきました。前回抽選もれで盛岡芝に舞台が替わりましたが、これも突破なら今後も楽しみになります。


トーホクカレン
 トーホクカレンは今年多数登場のキングリファール産駒。血統的にもダートのスピードには定評がありますが、芝でも適応力を見せています。一つ上の兄に、ウイナーカップでダンストンジールの2着となったトーホクプリンスがいます。


ミスギンレイ
 ミスハクギンの仔ミスギンレイ、父ユートカイザーでオウシュウカイザーの全妹になりますが、気性や能力検査のスピードはむしろダンディキング(父ダンディコマンド)のデビュー時を感じさせます。能力検査の850m52秒9は目下今季の一番時計です。


フジココロ
 フジココロは父ダージーで必ずしも2歳戦向きという印象ではありませんが、能力検査の時計は優秀。1開催待って盛岡芝からのデビューも思惑通りかも知れません。


オペラタイガー
 オペラタイガーは500キロを越える大型馬。そのせいか7月17日の能力検査から時間がかかりました。豪快なフットワークを見せていますが、父はオペラハウス、母父メジロアルダンと芝向き(ただし長距離向き?)の血統です。


ぜひクリックで一票をお願いします


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


  1. 2009/09/25(金) 23:18:10|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/270-54b800ac

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search