青藍賞、3歳マヨノエンゼルが一気に岩手のトップに名乗り!

 青藍賞が行われた、9月13日水沢競馬場。8レース直前、向正面走路上に美しい虹の橋が架かりました。

虹


 青藍賞、単勝1.4倍と断然の1番人気に推されたのは3歳馬マヨノエンゼル

マヨノエンゼル

直線
 最後の直線、残り100m。逃げるリュウノケンシロウ(桃帽、菅原勲騎手)、2番手グッドストーン(橙帽、菊地騎手)を楽々と捕らえるマヨノエンゼル(赤帽、小林騎手)。

ゴール
 余裕タップリのゴールシーン。

 勝ったマヨノエンゼルは前半5番手からの抜け出しでしたが、逃げたリュウノケンシロウ、2番手追走のグッドストーンがそのまま2、3着に残るスローの流れだけに、マヨノエンゼルの強さだけが際だつレースでした。
 レース後も小林騎手より、他の騎手のコメントが印象的でした。菅原勲騎手が「あの楽なペースで行って、これならと思ったところへ、並ぶ間もなく交わされたからね。本当に強いよ」といえば、関本浩司騎手は「早く外(遠征)へ行った方がいい」、阿部騎手は「2歳の時に乗って勝たせてもらったけれど、こんなに強くなるとは・・・」と絶賛の声また声。この日も馬体重は402キロとメンバー中断然の最軽量ですから、その驚きがより増幅されたのでしょう。
 小林騎手も「2歳の頃はそんな器用なレースはしてなかったはずだが・・・(位置取りは)出たなりでよいと思ったが4、5番手がとれた。成長しているんだろうね」と。残り400mあたりから数秒の内に大勢を決めた、あまりの完璧なレース振りに、正直聞くことがないほどでした。

 これまでほとんど連勝馬の出なかった古馬路線でしたが、マヨノエンゼルが古馬初挑戦のA級一般戦から、特別-重賞とアッサリ3連勝。早くも「桐花賞まで全部持って行かれる」の声まで出はじめました。特にこの2戦は、先行有利と思える流れをアッサリ差しきっており、その強さは本物といって良いでしょう。一部未対決の馬が残ってはいるものの、今回戦った相手には、同じ条件なら負けないのではないでしょうか。

 小林騎手は「57キロ同士ならまだ心配」と。確かに400キロソコソコの馬体に57キロは負担になるかもしれません。ちなみに、今後の古馬ダート重賞の負担重量は

南部杯、北上川大賞典:4歳以上57k、3歳55k、牝馬2k減。
桐花賞:4歳以上57k、3歳56k、牝馬2k減。
トウケイニセイ記念:5歳以上57k、4歳56k、牝馬2k減、今年度の桐花賞の1着馬2k加重。
となっております。

 青藍賞はマイルチャンピオンシップ南部杯のトライアルであり、マヨノエンゼルは3歳馬にして優先出走権を獲得。またJBCクラシック、スプリントの指定馬にもなりました。
 3歳馬のローテーションが変わって、これまでの岩手競馬とは違ったタイプのチャンピオン誕生ですので、マヨノエンゼルの進路がどうなるのか注目されるところです。


リュウノケンシロウ
 船橋から遠征のリュウノケンシロウ、大外枠からでもスッと先手を取って、楽に2着を確保しました。


ぜひクリックで一票をお願いします


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


  1. 2009/09/16(水) 16:45:15|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/265-b0faeac0

Recent Entries

07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search