FC2ブログ

7月5日、新馬戦の出走馬紹介

 7月5日、水沢競馬第5レース、フューチャー競走(2歳新馬戦)の出走馬を紹介します。


トーホクキング
 前開催の抽選もれを経て出走してきたトーホクキング。先にデビューしたトーホクレジーナに続いてキングリファールの産駒。3代母は大混戦の桜花賞トライアルでダイアナソロンなどを下したダイナシュガーです。そういう話ならポンポンと出てくるのですが・・・


 リュウノヒロジ6月7日戦の出走取消を経ての再登場。攻め馬などを見ていると、取消の影響よりも、むしろ乗り込んだアドバンテージを感じさせます。


トーホウデート
 トーホウデートはエンペラー第1世代、トーホウバルカンの全妹で同じ芦毛馬。能力検査も、直前も申し分のない時計です。


リュウノオリオン
 リュウノオリオンはカコイーシーズ産駒。前回が抽選もれでしたが、その分調教時計を詰めてきました。


トーセンジャック
 今年はトーセンの2歳馬が大挙入厩、血統もバラエティに富んでいます。その一番手は父ストラヴィンスキー、母トーセンフィーネのトーセンジャック。姉トーセンメロディは先週6月29日に2勝目を上げています。


パラダイスバスク
 パラダイスバスクは能力検査、追い切りと余力十分で水準のタイム。父はパラダイスクリーク、母エイシンストレートは小林義明厩舎で4勝しました。


フラットリア
 フラットリアは5月22日の能力検査から少々時間がかかっての出走。父ダンディコマンドはスピードタイプ、兄ネイビーズサンは園田で新馬勝ち。2、3歳戦で活躍しました。


ダンストンヴァール
 ダンストンヴァールも5月22日の能力検査。その時はロックハンドスターも上回り、850m、53秒6の一番時計をマークしました。父はグリーンアプローズです。


ぜひクリックで一票をお願いします


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


  1. 2009/07/04(土) 17:30:00|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/226-4d7f5e03

Recent Entries

07月 « 2019年08月 » 09月
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search