fc2ブログ

2024年の岩手競馬開幕!奥州弥生賞はレッドオパールが登場

 3月10日より、2024年の岩手競馬が水沢競馬場で開幕します。8日に笠松競馬場で行われたレディースジョッキーズシリーズで、負傷欠場中だった関本玲花騎手が戦線に復帰。そして10日からは関本淳、陶文峰の両騎手も復帰。佐賀に期間限定騎乗していた小林凌騎手も岩手に戻り、久々に18人の騎手全員が揃って全11レースを戦います。



 初日のメインレースは準重賞の第3回奥州弥生賞(3歳、1400m)。フルゲート12頭が揃いました。

DSC_4775.jpeg
 冬期休催中の水沢はほとんど積雪が無く、通年でレースができるのではないかというほどの暖冬でしたが、2月下旬になって寒さが戻り、3月になっても連日雪が降る状況となっています。3月5日の朝も水沢競馬場はこの白さ。



DSC_4749.jpeg
 奥州弥生賞にはレッドオパールが登場。門別デビューで1、2、7、出走取消、4着の成績を残して水沢へ移籍。2戦目の寒菊賞を3馬身差で快勝してタイトルを獲得しました。今回は新規転入馬がいないだけに、戦いやすいメンバー構成といえるでしょう。菅原勲厩舎には同世代で若駒賞を制し、4戦3勝2着1回のミヤギヴァリアントがいますが、若駒賞のあと休養中。「5月中頃あたりから」を目標にしている模様です。



DSC_4832.jpeg
 奥州弥生賞の編成馬には金杯を勝ったリトルカリッジの名前もありましたが、これは欠場。次開催3月24日のあやめ賞(3歳牝馬、水沢1400m)が目標になりそうです。



DSC_4809.jpeg
 5戦5勝、重賞3勝で昨年の2歳最優秀馬となったフジユージーンは、大井の京浜盃へ申し込みましたが、早々に取り下げ。奥州弥生賞へは当初より登録がありませんでした。徐々に乗り込みのピッチを上げて、4月7日のスプリングカップ(3歳、水沢1600m)へ向かう予定です。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2024/03/09(土) 15:39:30|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1624-ae0a16a4

Recent Entries

03月 « 2024年04月 » 05月
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search