fc2ブログ

JpnII昇格あるか?、今年はクラスターカップに注目

 筆者が勝手に数値化してきた岩手競馬レーティングは、前回で2023年分の紹介を終えましたが、もちろん公式記録である

2023年度JPNサラブレッドランキング
JRAの2023年度 重賞・オープン特別競走レーティング
2023年地方競馬で実施されたダートグレード競走の年間レースレーティング

も1月のうちに発表されています。

 そうなると岩手競馬関連の数値が気になるところで、岩手県内で行われたダートグレード3競走のレースレーティングを見ると、

マイルチャンピオンシップ南部杯:113.00
マーキュリーカップ:108.75
クラスターカップ:110.50

という数値が出ていました。

 この数値は当該レースの上位4着までの馬の公式レーティングの平均値(牝馬限定競走以外では、牝馬に4ポイント加算して算出)であり、

マイルチャンピオンシップ南部杯
レモンポップ:120
イグナイター:114
レディバグ:103(+4)
タガノビューティー:111
平均:113.00

マーキュリーカップ
ウィルソンテソーロ115
テリオスベル104(+4)
メイショウフンジン106
バーデンヴァイラー106
平均:108.75

クラスターカップ
リメイク:114
ドンフランキー:112
リュウノユキナ:110
オーロラテソーロ:106
平均:110.50

となります。

 クラスターカップの110.50は、2023年に地方競馬で行われたJpnIIIの中で最高値。

 2022年のレーティングを見ても

オーロラテソーロ:106
リュウノユキナ:112
ジャスティン:109
ダンシングプリンス:117
平均:111.00

 この111.00も、2022年に地方競馬で行われたJpnIIIの中で最高値。メンバーを見れば分かるとおり、ここから東京盃、JBCスプリント、あるいは国外のレースへ向かうローテーションの上で重要な位置を占めています。

 格付けごとの基準レーティングは、3(4)歳以上のレースでは
JpnI:115
JpnII:110
JpnIII:105
となっており、直近3年間の平均値と直近のレースレーティングがこの基準値を満たしておれば、グレードの昇格が可能(他に細則があるとは思いますが)かと思われます。

 つまり2024年にクラスターカップの年間レースレーティングが110を上回れば、直近3年間の平均値も110.50以上となり、JpnIIへの基準値をクリアします。

 実際にはJpnII相当の賞金を用意するなど、他にも満たすべき条件があるのかと思いますが、少なくともクラスターカップのレースレベルがここ2年上がっていることは確か。あくまで筆者の想像の中でものを言っていますが、「クラスターカップJpnII昇格」の可能性はメンバーのレベル次第で十分あるのではないでしょうか。




●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2024/02/27(火) 20:38:35|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1622-f8ccfbb7

Recent Entries

03月 « 2024年04月 » 05月
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search