FC2ブログ

上位陣充実、みちのく大賞典!

 6月21日水沢競馬のメインレースは、社台スタリオンステーション協賛、第48回一條記念みちのく大賞典(M1)(ニューイヤーズデイ賞)です。出走頭数は6頭、このレースが始まった当初は水沢も盛岡もフルゲートは8頭でしたから、こんなこともあっただろうと思っていましたが、意外にも6頭立ては史上初めてです。それだけ上位陣が充実しています。



DSC_8434.jpeg


DSC_8442.jpeg
 赤松杯、シアンモア記念と連勝のランガディア(板垣調教師、実戦は鈴木騎手)。なんとなく赤松杯激走の反動が感じられた前走と違い、今回は十分すぎるほどの乗り込みが積まれています。JRA所属時の戦績は大半が芝ですが、2000mのノベンバーS(1600万下)勝ちがあるように、距離は全く問題なし。むしろダート2000mでどのようなレースができるのかに興味が向きます。



DSC_8466.jpeg
 エンパイアペガサス(山本聡哉騎手)は、ランガディアと3回目の対決で逆転を狙います。休み明けの赤松杯を評価外とすれば、シアンモア記念の内容でランガディアとはほぼ互角。ここは2017、2018年とみちのく大賞典連覇を果たした得意の舞台。叩き3走目で状態はベストでしょう。



DSC_8375.jpeg
 ヤマショウブラック(小林俊彦調教師、実戦は高松騎手)は赤松杯、シアンモア記念と連続3着。少々上位2頭からは水をあけられた印象ですが、昨年桐花賞を制した時とは違い、春先の水沢は時計を要する馬場状態で末脚のキレを欠いた面がありました。時計の出易くなった馬場状態は好都合、春3走目でそろそろ本領発揮に期待したいところです。



DSC_8449.jpeg
 あすなろ賞を圧勝して復活宣言した、パンプキンズ(岩本騎手)の参戦で面白さを増しました。6頭立てなら戦法に迷いはないでしょうし、前走や岩手ダービーが強かったように、むしろ中距離の先行馬というイメージがあります。上位3頭もパンプキンズがいるといないとでは、道中の気の配り方が変わるでしょう。ここまでの4頭がすべてM1ウイナー、後続に回避馬が続出するのも無理はないと思います。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2020/06/20(土) 19:52:02|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1367-827649ee

Recent Entries

07月 « 2020年08月 » 09月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search