FC2ブログ

ダイヤモンドカップは1600m、ダービー馬パンプキンズが登場!

 岩手競馬の開催は、わずか2週間だけ水沢で行われます。8月18日のメインレースは、JBC協会協賛、HITスタリオンシリーズ、水沢信用金庫杯、第39回ダイヤモンドカップ(M1)(ビーチパトロール賞)です。距離は1600mに変わりました。

 ダイヤモンドカップは1981年6月に水沢1800mでスタート、勝ったのはマルイチダンサーでした。
1986から1999年までは特別に格下げ。
2000年に1600mで重賞に復活。
2006年からはダービーウイークがスタートして「岩手ダービー」の冠がつきます。
2007年からは2000mになり、これが昨年まで続きました。

 それが今年からは東北優駿が復活し、これが「岩手ダービー」の冠を引き継ぎます。
今年のダイヤモンドカップは第39回の回次こそ引き継いでいますが、2000年から2005年の条件に近くなったといえます。単純に3歳のM1重賞が1つ増えたと解釈すれば良いのではないでしょうか。



DSC_6856.jpg
 パンプキンズ(菅原俊吏騎手)は東北優駿優勝後、北海道へ移動。乗り込みを積んでパワーアップに努めてきました。ぶっつけでのダイヤモンドカップ出走は予定通りで、「この馬のため」にあるような1600mのレース新設に映ります。9頭立ての9番枠はもちろん不利ですが、今後の3歳路線につながる強い姿を見せてほしいものです。



DSC_6857.jpg
 ここには東北優駿出走馬は2頭しかおらず、パンプキンズともう一頭は、リュウノボサノバ(塚本騎手、実戦は山本聡哉騎手)。やまびこ賞、ウイナーカップと重賞で2回3着があり、実績的にも2番手を主張できます。前走で岩手転入後初勝利をあげましたが、これが今回と同じ1600m。東北優駿は大敗でしたが、1600m以下の方が良いということでしょう。


DSC_6845.jpg
 エバーフレイム(内#459、村上騎手)はJRAから転入後2連勝して挑んだ、ひまわり賞を3着。後方から動くレースで2000mを克服してきましたが、連勝した1300m、1400mでの好時計を見れば、その辺りの距離の方が適性があるように映ります。



DSC_6870.jpg
 メンバー的に上がり馬へ目が向きますが、ヤマトタケル(懸田厩務員、実戦は高松騎手)は岩手転入後3勝2着2回で、崩れは出遅れた1回のみ。前走で3歳A級戦を勝ちました。少々速いペースで先行しても、簡単には止まりません。



DSC_6841.jpg
 ヒノキブタイ(石川調教師、実戦は坂口騎手)は転入後5戦4勝。JRAでの4戦すべてしんがり負けから一変しました。特にこの2走は徹底先行の構えでハナを奪い、自らハイペースを作りながらも強引に押し切り。パンプキンズやヤマトタケルも基本的には先行タイプだけに、ヒノキブタイがどのような戦法を採るか。展開のカギを握る存在となりそうです。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2019/08/17(土) 21:20:46|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1301-b5189955

Recent Entries

08月 « 2019年09月 » 10月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search