FC2ブログ

芝路線スタート、かきつばた賞は超難解?

 6月3日盛岡競馬のメインレースは、盛岡愛馬の会協賛、第22回かきつばた賞(準重賞)、芝の2400m。7月28日に行われる、せきれい賞へのトライアルレース(2着までに優先出走権)となっています。


 今年の芝路線は春先から波乱模様。2016、2018年の最優秀ターフホース、サンエイゴールドは北海道のハッピーグリンも出走した、JRA中山の日経賞GIIを目標にしていましたが、岩手競馬は禁止薬物問題があり申し込みを受け付けてもらえず出走を断念。そのあと盛岡の芝を目標に乗り込みを再開しましたが、状態面が思わしくなく退厩して再調整となりました。

 サンエイゴールド不在となった5月21日に前哨戦となるOROターフ特別(盛岡芝1700m)が組まれましたが、今度は大雨で当日盛岡の芝レースは使用不可。ダート変更も間に合わず、レース取り止めとなってしまいました。よって、古馬の芝オープン級競走はここが初めて。参考データがほとんどないまま、予想に取り組まなければなりません。

DSC_6345.jpg
 転入馬の中で最も実績上位はグランアルマダ(及川調教師、実戦は村上騎手)、JRA5勝が芝1800から2400mであり、かきつばた賞の条件にピッタリと思えます。ところが、ダート戦とはいえ転入初戦の桜花特別(水沢1800m)は全く良いところがなく6頭立て6着。なんとも判断の難しい状態となっています。



DSC_6392.jpg
 マイネルスカイ(菅原勲調教師、実戦は高橋騎手)はこの春再転入。JRA未勝利から昨秋岩手に転入し、C1級で5戦2勝2着2回(うち芝1勝2着2回)。JRAに復帰して、名古屋の条件交流で2着1回。そのあと岩手に再転入してB1級のダート1着、続くフレンドリーカップアンタレス賞(盛岡芝1700m)でJRA馬相手に0.2秒差3着と健闘しました。芝の長丁場で比較的安定した成績を残しています。



DSC_6332.jpg
 コスモリョウゲツ(小林騎手)も再転入。JRA未勝利から3歳春に岩手に転入して10戦5勝。特に盛岡の芝では4戦4勝、フレンドリートロフィーエメラルド賞でJRA未勝利馬相手に快勝しました。盛岡芝が舞台とはいえ、なかなか地元馬が勝つことはありません。そのあとJRAに戻り12戦して、500万下で最高着順は3着、半分の6回でひと桁着順を記録しています。



DSC_6418.jpg
 長く地元での安定勢力はコスモロングソード(菅原俊吏騎手)。盛岡の芝で7勝していますが、実質オープンクラスへの参戦は昨年の秋から。1000mのハーベストカップ優勝、OROターフスプリント2着の結果を残しているのに対し、1700mのOROカップは逃げて11着惨敗。JRAでは2000mを走っていますが、さらに距離が延びて2400mは初めてです。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2019/06/02(日) 23:59:59|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1287-4df260e7

Recent Entries

08月 « 2019年09月 » 10月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search