FC2ブログ

あすなろ賞は上位拮抗

 5月19日盛岡競馬のメインレースは、AAB秋田朝日放送杯、第20回あすなろ賞(準重賞)。6月16日に水沢競馬場で行われる、みちのく大賞典のトライアル(3着まで優先出走権)です。


 エンパイアペガサスやサンエイキャピタルはみちのく大賞典へ直行。シアンモア記念を勝ったロジストームも回避しており、いかにもM1レースへ向けてのトライアルらしいメンバー構成になりました。



DSC_6230.jpg
 チェリーピッカー(山本聡哉騎手)が転入後16戦15勝という驚異的な成績で青藍賞を制したのは、一昨年9月のこと。そのあたりまではベストは1600mあたりかと思われていましたが、昨年は、あすなろ賞2着、みちのく大賞典、北上川大賞典も2着。先の赤松杯は3、4角で2番手まで進出しましたが、最後イーグルカザンに差し返される形となり3着。「最近は距離の長い方が合うようだ」と畠山調教師。古馬M1重賞の勝ち馬がいないここであれば、実績上位を主張できるところです。



DSC_6058.jpg
 スカイロックゲート(菅原辰徳騎手)は今季1、7、2着。赤松杯に続き、確勝を期したスプリント特別でミスティカルの2着。「一度勝った相手に負けるのは納得がいかない。実績から今季の数字は物足らない」と佐藤祐司調教師。初の左回りになりますが、1800mは門別で条件特別4勝。元々2000mの北海優駿でベンテンコゾウの2着と距離面の不安はありません。



DSC_6241.jpg
 キングジャガー(小林騎手、実戦は高橋騎手)は休養から帰ってきて3戦目で久々に重賞路線へ復帰。3歳三冠の岩手ダービーダイヤモンドカップ、不来方賞と2000mに勝ち星があり、今回と同じ盛岡1800mのやまびこ賞も勝っています。先行して長い距離を走りきるという、自分の形がハッキリしています。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2019/05/18(土) 21:43:50|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1283-89cfd20d

Recent Entries

08月 « 2019年09月 » 10月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search