FC2ブログ

盛り上がる3歳路線!イーハトーブマイル

 今週から冬へ向かって長い長い盛岡開催が始まりますが、初日は3歳の準重賞イーハトーブマイル。直接のトライアルではありませんが、10月21日の不来方賞、11月18日のダービーグランプリへと続く重要な一戦です。

 この中間には川崎競馬場で戸塚記念が行われ、岩手ダービー馬チャイヤプーンが優勝。当初の予定通りであれば、水沢へ戻って三冠を目指すことになるのでしょうが、この優勝により、イーハトーブマイルを見る目が少し変わったことも事実です。



DSC_4451.jpg
 春の岩手ダービー路線でチャイヤプーンが圧倒的な強さを見せましたが、3戦3勝サンエイキャピタル(菅原辰徳騎手)だけはチャイヤプーンと未対決です。昨年7月の新馬勝ち以降、骨折で戦列を離れましたが、11ヶ月ぶりとなったウイナーカップで豪快な追い込みを決めて優勝。続くJRA交流のフレンドリートロフィーは逃げ切り、素質馬が大復活を果たしました。不来方賞は今のままであればチャイヤプーンの独走ムードですが、サンエイキャピタルが連勝を継続するようなら少しは話が変わってくるでしょう。



DSC_4454.jpg
 例年はJRAのスーパー未勝利クラスが転入して不来方賞を狙ってきますが、今年はナムラバンザイ(小林俊彦調教師、実戦は関本騎手)のようにJRA1勝クラスが移籍しており、若干レベルが上がっています。ただ条件は厳しく転入後の2走、そして今回は別定重量58キロ。サンエイキャピタルよりはるかに多い獲得賞金ですから、当然と言えば当然です。小林俊彦調教師は「少々強引でも逃げられれば…」と話していたのですが、先行馬が多いところへ加えて大外12番枠があたるという不運もあり、どういう出方になるでしょう。



DSC_4460.jpg
 ミスティカル(山本聡哉騎手、実戦は村上騎手)はJRA在籍時に浦和で地方交流戦を勝って、形式上は500万級となってからの岩手移籍。転入2戦目の3歳A級戦を逃げ切って2勝目をあげましたが、ナムラバンザイ同様にここは58キロを背負います。



 JRAや他地区の実績馬が負担重量に苦しむのなら、JRAの賞金ゼロで転入し、岩手で4勝2着2回のエルノヴィオ(木村暁騎手)の方が条件は有利です。なによりダービーでチャイヤプーンの2着という数字はここにきて大きくモノをいいます。前走8月19日の水沢競馬はほとんどが逃げ切り、あとは内枠か道中内を回れた馬が上位に来るという馬場状態で、ミスティカルが逃げ切ったレースでエルノヴィオは9頭立て9番枠5着でした。敗因が明瞭だけに、今回同じような不利がなければ上位争いに復帰できるはずです。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2018/09/14(金) 20:50:48|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1243-30093960

Recent Entries

10月 « 2018年11月 » 12月
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search