FC2ブログ

トップクラスが揃った!青藍賞

 9月9日水沢競馬のメインレースは、IBC杯第26回青藍賞(M2)。マイルチャンピオンシップ南部杯JpnIへ向けて、地元馬のトライアルレースとなります。



DSC_4360.jpg
 マーキュリーカップJpnIIIが7着完敗だったエンパイアペガサス(佐藤厩務員、実戦は菅原俊吏騎手)でしたが、スローペースで3コーナーからペースの上がる展開を食らいついていきました。順位を上げることはできませんでしたが、上がり3Fが11.8-11.3-12.5の流れは、むしろよく崩れなかったとも解釈できます。その後はあまり間隔を空けずに攻め馬を再開。水沢でも暑い時期はありましたが、ここまでの過程は順調そのものと映ります。



DSC_4398.jpg
 ベンテンコゾウ(菅原勲調教師、実戦は村上騎手)はシアンモア記念優勝後、みちのく大賞典を回避して早めの夏休み。例によって福島の牧場で乗り込んでいたとのことなので、4ヶ月振りでも特に休み明けという印象は持っていません。桐花賞ではエンパイアペガサスの差し切りを許しましたが、1600mであれば自分の土俵でしょう。ここから南部杯へ向けて好発進を決めたいところです。



DSC_4409.jpg
 チェリーピッカー(山本聡哉騎手)は、あすなろ賞、みちのく大賞典、すずらん賞と3戦連続2着。8月の実戦を避けてここを目標にしてきました。水沢1600mは最も得意のコースでしょうし、そもそもが昨年の青藍賞優勝馬。これ以上に人気を集めそうな馬がいるということが今年のメンバーのレベルを物語っており、回避馬が相次いで5頭立てとなったこともうなずけます。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2018/09/08(土) 17:05:00|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1242-51448602

Recent Entries

08月 « 2018年09月 » 10月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search