FC2ブログ

ビギナーズカップで2歳ダート路線もスタート!

 9月2日水沢競馬のメインレースは、岩手県競馬振興協議会会長杯、JRA認定第36回ビギナーズカップ(M3)です。今年デビューの2歳馬による、初めてのダート重賞(1400m)になります。

 8月12日に、盛岡の芝1600mで行われた若鮎賞は、10頭立て8番人気のマリーグレイスが勝って、単勝式3400円、三連単48470円の決着。力量比較が難しい時期であり、高配当がかなりの確率で出現しています。ビギナーズカップにも同じことが言えます。


DSC_4330.jpg
 一番参考になるレースは、前開催に同コースで行われたフューチャーステップ競走。そこでの勝ち馬サンエイムサシ(高橋騎手)がまず浮上します。逃げ馬がほとんど馬券対象に粘りきる週でしたから、その評価が難しくなりますが、2着ウィズジョイを6馬身突き放したことも事実です。今回どういう展開になるかを読むのが、最大のポイントになります。



DSC_4365.jpg
 グレートアラカー(千田厩務員、実戦は高松騎手)の新馬戦(盛岡芝1000m)は勝ち馬から0.1秒差の3着ですが、ダートコースでの変わり身が期待されます。もちろん距離延長もプラスになるでしょう。



DSC_4246.jpg
 このレースには、早くも門別からの転入馬が加わります。ポエムロビン(熊谷厩務員、実戦は村上騎手)は門別で6戦1勝ですが、アタックチャレンジの2着もあります。母ブリリアントロビンも門別デビューから水沢に移籍し、プリンセスカップ金杯を制して、2歳最優秀馬に輝きました。今年はすでに、ミラクルジャガー(キングジャガーの弟)やサンエイフラワー(ダズンフラワーの妹)といった「岩手の血統馬」が活躍していますが、また一頭が戦列に加わります。



DSC_4318.jpg
 どう見ても「スピード争い」になりそうなメンバー構成で、リュウノアイドル(小林騎手)の差し脚が不気味に感じます。2勝はともに盛岡ダートで、前走は水沢でのフューチャーステップ競走をサンエイムサシから1.2秒差の3着ですが、展開が向いての一発を期待します。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2018/09/01(土) 22:31:16|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1240-c2b238e6

Recent Entries

08月 « 2018年09月 » 10月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search