FC2ブログ

クラスターカップは地元勢も総力戦!

 8月15日盛岡競馬のメインレースは、農林水産大臣賞典、第23回クラスターカップ(JpnIII)です。JRA5頭、北海道1頭、笠松2頭、兵庫1頭、盛岡1頭、水沢4頭の計14頭で1着賞金2300万円をかけて行われます。


 今年はステップレースの栗駒賞、岩鷲賞、それに早池峰スーパースプリントの勝ち馬が全て揃い、岩手勢も迎え撃つにふさわしいメンバーが揃いました。最近のグレードレースは必ずしもベストメンバーと思えないような時がありましたが、例え劣勢といえども、これくらいのメンバーであれば地元ファンにも納得していただけるのではないでしょうか。



DSC_4210.jpg
 このレースに4年連続の出場。過去3年3、3、2着と惜敗の続くラブバレット(山本聡哉騎手)に今回も期待がかかります。今季は東京スプリントJpnIII6着、北海道スプリントカップJpnIII2着と1200mのグレードレースに目標を絞ってきました。栗駒賞が辛勝だったこともあり、岩鷲賞はスキップしましたが、乗り込み自体は継続されています。例年と違うステップにはなりましたが、直前になって気合いが入ってきたように感じましたし、なんとかファン待望のグレード制覇を成し遂げてほしいものです。



DSC_4217.jpg
 なんとなく好ムードは、岩鷲賞を勝ったメイショウオセアン(坂口騎手)。昨年大注目の転入馬が、意外にも未勝利でシーズンを終えましたが、今季は4月22日のスプリント特別(水沢850m)を快勝したことから、スプリント路線にシフト。元々JRAでの実績が1200、1400mでしたから、本来の路線に戻ったといえるでしょう。岩鷲賞の1分11秒5からどこまで時計を詰めるかということになりますが、京都や阪神で1分10秒台の時計はあります。



DSC_4133.jpg
 早池峰スーパースプリントで爆発的な末脚を繰り出したナムラバイオレット(田嶋厩務員、実戦は関本騎手)は、その後栗駒賞5着、岩鷲賞3着と数字こそ微妙ですが、戦法を試行錯誤しながらのものであり決して悪いとは思えません。むしろ今回のメンバーで速い流れになれば、早池峰スーパースプリント同様の展開に持ち込むことが可能になり、面白いところがあるかもしれません。



DSC_4220.jpg
 アスカダイヤモンド(大石厩務員、実戦は村上騎手)はJRA500万級からの転入でしたが、岩手2戦目の岩鷲賞で4着に入り、クラスターカップの出走枠に食い込みました。南関東所属時には川崎の900m戦を得意にしており、昨年の優駿スプリントトライアルを2着。1200mでも長いのかもというようなスプリンターの成績です。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2018/08/14(火) 18:05:00|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1236-2b1df204

Recent Entries

10月 « 2018年11月 » 12月
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search