FC2ブログ

ラブバレット、クラスターCへの道は栗駒賞から

 7月1日、水沢競馬のメインレースは、AKT秋田テレビ杯、第30回栗駒賞(M3)です。このレースは岩鷲賞(7月15日、盛岡1200m)のトライアルレース。そして岩鷲賞はクラスターカップJpnIII(8月15日、盛岡1200m)のステップレースになります。

IMG_1510.jpg
 6月30日の水沢競馬は突然の大雨で第7レース以降が取り止めとなり、馬場状態が気になるところですが、第1レースから馬場「重」でスタートしています。(画像は6月30日の開催取り止めが決まる直前頃)


 波乱含みの一日になりそうですが、栗駒賞の中心はとにかくラブバレット(山本聡哉騎手)。
DSC_3835.jpg
 北海道スプリントカップは、一旦抜け出しそうなシーンもありましたが、テーオーヘリオスの強襲がありクビ差の2着。グレードレース3回目の2着で、タイトル獲得まであと一歩という状態が続いています。それでもレース後まもなく調教は再開されており、遠征を全く苦にしなくなっています。ここから岩鷲賞、クラスターカップのローテーションは例年通りであり、岩鷲賞、栗駒賞のダブル重賞3連覇の可能性はかなり高いといえるでしょう。



DSC_3841.jpg
 問題は相手探しであり、先の早池峰スーパースプリント出走馬が並びますが、そのレースで最後方からイン強襲を決めたのがナムラバイオレット(田嶋厩務員、実戦は関本騎手)。元々短距離適性はあるようでしたが、道中最後方からの追い込みを想像した人はまずいなかったでしょう。小回りコースの1400mでどういう戦法にでるのか。しかもそれで馬券対象になるのかどうか全く見当がつきません。



DSC_3858.jpg
 早池峰スーパースプリント2着で復権ムードなのがメイショウオセアン(坂口騎手)。前々走で盛岡コースに不安を感じていたのですが、あわや抜け出しという好内容でした。これまでのレースを見る限り水沢コースの方が内容が良く、しかも4勝している1400mは最も力の出せる条件といえます。



DSC_3852.jpg
 タイセイファントム(高松騎手、実戦は山本政聡騎手)は前走が岩手転入後初の崩れになりましたが、それでも0.6秒差。早池峰スーパースプリントが乱戦の結果だったと決めつけてしまえば、参考外としてそれ以前の評価に立ち戻ることも作戦としてあるでしょう。



DSC_3856.jpg
 オースミチャド(板垣調教師、実戦は高松騎手)は、相変わらず攻め馬快走。高いスピード能力を持っていると思えます。これまでベストの条件は芝1200m辺りと推察しますが、雨によりいつもより軽くなった馬場がプラスになる可能性があります。



DSC_3843.jpg
 昨年の3歳二冠馬キングジャガー(小林騎手、実戦は斎藤騎手)は今季短距離路線に転じていますが、こちらは極端に速い時計勝負よりも、小回りの1400mの方が合うように思えます。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2018/07/01(日) 13:07:46|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1226-481a415d

Recent Entries

08月 « 2018年09月 » 10月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search