FC2ブログ

北海道スプリントカップへラブバレット、16回目のグレード挑戦!

 6月7日の門別競馬、北海道スプリントカップJpnIIIへ、水沢からラブバレット(山本聡哉騎手、菅原勲厩舎)が挑戦します。


DSC_3682.jpg
 今季のラブバレットは、根岸ステークスGIII出走のあと、地元でスプリント特別(水沢1300m)を楽勝し、東京スプリントJpnIII(大井1200m)へ挑戦して6着。これまでこの時期は1400mのさきたま杯へ出走していましたが、今年は1200mへ目標を転換。このあとも、岩鷲賞、クラスターカップ(ともに盛岡1200m)への出走が予想され、1200mへ続けて出走することでタイトルを目指しています。

 前走の東京スプリントはグレイスフルリープから0.6秒差6着。さほど差の無いメンバー構成で「ひょっとしたら」と見ていましたが、16頭立ての15番枠。先行集団が密集する中、外目を回らざるを得ない展開となり、前には届きそうにありませんでした。一方で「外枠で自分の展開にならなかったが、大きく崩れていない。今度は枠順も良いし、楽について回れるだろう」と菅原勲調教師。なにより長距離遠征を全く苦にしないだけに、どこのレースでも思い通りの調整ができる強みがあります。

 実績上位のGI(JpnI)馬、スノードラゴン、ニシケンモノノフには東京スプリントで僅かながら先着。その時2頭は58キロを背負っていましたが、今回はさらに増量の59キロ。56キロのラブバレットとは3キロ差になりました。条件が好転していることは確かです。こことクラスターカップは大きなチャンスでしょう。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2018/06/06(水) 21:33:46|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1218-543d3a0b

Recent Entries

08月 « 2018年09月 » 10月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search