すずらん賞はまたまた注目馬の登場!

 7月29日盛岡競馬のメインレースは、岩手県畜産協会会長杯、第40回すずらん賞(M3)です。マーキュリーカップとクラスターカップの間に挟まれ、個人的にはこの時期の古馬ダート重賞開催はどうかと思うのですが、位置付けは9月10日に水沢で行われる青藍賞のトライアル(3着までに優先出走権)。そして10月9日のマイルチャンピオンシップ南部杯へと繋がるマイル路線の重要な一戦となります。それだけに頭数も揃わず8頭立てですが、注目馬が出てきました。


DSC_1895.jpg
 転入初戦から重賞にエントリーしてきたのは、元JRAのオープン馬メイショウオセアン(坂口騎手)。JRA5勝のうち4勝がダート1400m、もう1勝は1200m。オープンでは栗東ステークスの5着が最高ですが、1600万特別を2勝しています。ただ、その賞金額から出走枠には入れず、除外も多かった模様。「函館も予定があったが、使えなかったようだ」と村上昌幸調教師。「なにも状態に悪いところはないから、乗り込みは順調。1400mで前の方へ行っているくらいだから、逃げるスピードもあるだろう」とのこと。引退したナムラタイタンのチームが再び送り込むオープン馬に注目したいところです。



DSC_1912.jpg
 「今度こそ」が続くアントニオピサ(阿部騎手)は昨年秋の転入から10戦して(2−6−1−1)。2勝はともにA級特別で、あと8戦は重賞レースで惜敗。1400mから2500mまでどんな条件でも好走していますが、どうしてもタイトルに届きません。岩手での最低着順(5着)だったのが、同コースのシアンモア記念ですが「(後方待機の)作戦が失敗した」(佐々木由則調教師)もの。「先行集団につけられれば、悪い競馬はしない」と信頼を寄せています。



DSC_1900.jpg
 実績を持って転入してきた馬たちに対し、JRA未勝利から転入して13勝、A級まで登り詰めて重賞初挑戦となるのがコスモジョイジョイ(小野厩務員、実戦は村上騎手)。菊花賞馬オウケンブルースリの全弟という血統馬の転入でしたが、当初は攻め馬の動きが芳しくなく、とても動けるようには感じませんでした。それが実戦を走らせてみれば馬なりで後続をぶっちぎり。以来ほとんどノンストップでクラスを上げ、この春にA級昇級後も特別を連勝してここに挑みます。特に盛岡1600mは14戦9勝と最も得意とするところです。




岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2017/07/28(金) 21:16:18|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1160-2ae513ed

Recent Entries

07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search