7月16日、新馬戦の出走馬紹介

 7月16日の盛岡競馬第3レースはファーストステップ競走(2歳新馬戦)が行われます。ここへの出走馬を紹介します。


リュウノノドナリ
 リュウノノドナリ(木村暁騎手)は父ゴールドアリュール、母マッチザピース(母父ジェイドロバリー)で、姉にJRA2勝パーフェクトマッチ、兄にJRA4勝、共同通信杯がアドマイヤムーンの3着マッチレスバロー、JRA2勝キングスビレッジ他にも活躍馬が並びます。また、叔父に岩手デビューからJRA移籍後、京都のマイルチャンピオンシップGIを制したトウカイポイントがいます。母系はパロクサイドに辿ります。



ミズサンドリーム
 ミズサンドリーム(陶騎手)は父エンパイアメーカー、母クリサンテーム(母父コマンダーインチーフ)でオータムセールの取引馬。兄にJRA5勝エーティーボス、JRA未勝利ながら園田で10連勝(除外を挟む)したヒャクマンバリキ、1つ上の姉が金沢で認定含む2勝、先の第1回石川ダービー2着や北日本新聞杯、金沢プリンセスカップ3着のゴールドハリアーがいます。



カッチャオ
 カッチャオ(高松騎手)は父ショウナンカンプ、母スカイプラネット(母父ネオユニヴァース)。姉ツキノヒカリは東海地区で3勝現役。叔父に福島記念JpnIII他JRA7勝のマンハッタンスカイ、北海道2勝からJRAで4勝、阪急杯GIII2着で現役のヒルノデイバローがいます。



ブレシアイル
 ブレシアイル(新田調教師、実戦は坂口騎手)は父メイショウボーラー、母ノルブリンカ(母父ダンスインザダーク)。兄にJRA1勝バトルハルトマン、1つ上の姉は北海道で新馬、特別勝ちの2勝。水沢のプリンセスカップに遠征してスターインパルスと先行争いを演じた(6着)オルディルです。



ミズサンゼウス
 ミズサンゼウス(田嶋厩務員、実戦は山本聡哉騎手)は父トビーズコーナー、母タツグレース(母父ボストンハーバー)。叔母にモニュメントバレーがおり、その仔に岩手11勝のハッピートーク、さらにその仔がダズンフラワーです。モニュメントバレーの妹スカイスケイプの仔に、岩手で10連勝含む13勝したラブルビーと近親に岩手での活躍馬が多くいます。



プリヴィレッジ
 プリヴィレッジ(菅原俊吏騎手)は父ストロングリターン、母スマイルダンサー(母父ワイルドラッシュ)でHBAトレーニングセールの取引馬。母はJRA1勝、祖母カレンバレリーナはJRA3勝。叔父にJRA平地4勝、障害1勝のブライトボーイ。叔母にJRA4勝、現役のクロフネビームスがいます。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2017/07/15(土) 17:10:00|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1156-7109a971

Recent Entries

07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search