マーキュリーCへ夢を!みちのく大賞典

 6月18日水沢競馬のメインレースは、社台スタリオンステーション協賛、一条記念第45回みちのく大賞典(M1)(ハービンジャー賞)です。水沢の2000mコースを舞台に、9頭が争います。


 このレースは7月17日に盛岡競馬場で行われる、マーキュリーカップJpnIIIの地元馬トライアル(1着馬に優先出走権)となっています。それでなくても上位馬は地元代表として選定されることは間違いありません。


DSC_1491.jpg
 注目を集めるのはエンパイアペガサス(佐藤厩務員、実戦は村上騎手)。今季前半の目標を「あすなろ賞−みちのく大賞典−マーキュリーカップ」においており「もう状態とか、相手関係とかいっていられない」と佐藤祐司調教師。あすなろ賞は正直期待ほどではない辛勝でしたが、休み明けを一走して、動きはかなり良くなったように感じます。グレードレースを目標にするにあたり、ここは強い内容を見せなくてはいけません。


DSC_1347.jpg
 アントニオピサ(阿部騎手)は前開催の芝、かきつばた賞にも登録がありましたが、無理をせず回避してここが目標。転入後は北上川大賞典、桐花賞、トウケイニセイ記念、赤松杯、あすなろ賞と重賞2着が5回。「どんな条件も問題ない」と佐々木由則調教師。多彩な戦法がとれる強みがあります。


DSC_1475.jpg
 今季注目の転入馬プリムラブルガリス(高橋騎手)はJRAオープン馬。桜花特別(A級)を勝ち、シアンモア記念2着のステップでここへ挑みます。この特別優勝時がデビュー以来最長の1800m。2000mは初めてで、これをどう乗り切るか。高橋騎手は2週連続「M1」制覇がかかります。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2017/06/17(土) 22:11:59|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1149-bab5ea67

Recent Entries

07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search