電撃の5ハロン、早池峰スーパースプリント!

 6月4日盛岡競馬のメインレースは、デイリースポーツ杯、第2回早池峰スーパースプリント(M2)です。全国で行われる、地方競馬スーパースプリントシリーズの第1戦になります。

 昨年から岩手競馬もこのシリーズに参入。予選で「グランシャリオ門別スプリント」まで遠征しなければならないというのでは、参加する馬も出ませんでした。昨年はサカジロヴィグラスが逃げるエゴイストを捉えて優勝。59秒1のタイムが出ましたが、今年はどのくらいのタイムで走るでしょうか。


DSC_1313.jpg
 エーシンシャラク(小林騎手、実戦は高松騎手)は昨年の4着馬。2015年春の転入から3シーズン目に入りましたが、ここまで(9−7−3−6)という安定した戦いを続けています。着外は昨年7月のすずらん賞(8着)のみで、このあとは約3ヶ月間休養に入りました。ただ、9勝はすべてオープンあるいはA級の特別戦。重賞では2着4回、3着2回、4着2回、5着2回、8着1回。その時の勝ち馬欄を見ると、多くはラブバレットであったり、エゴイストであったり。あるいはナムラタイタン、ライズラインと「仕方がない」と思えるような名前が並んでいます。
 それに比べれば今回のメンバー構成はいかにも楽。今季は水沢の850mで4着に敗れましたが「850mはまた流れが違うのだろう。なんとか一つタイトルを獲らせたい」と板垣調教師。



DSC_1327.jpg
 タイセイメテオ(高松騎手、実戦は山本政聡騎手)は南関東から再転入の2戦目ですが、南関東ではB級の短距離戦で入着しています。前走の皐月特別(A級一組)は先行してスズカセクレターボらに捕まりましたが、1000mの通過ラップは1分00秒8で、エーシンシャラクの前走スプリント特別の1分00秒6と互角。そもそも昨年がエーシンシャラクに先着(3着)というのであれば、十分計算はたちます。



DSC_1291.jpg
 昨年のヴィーナススプリントでミラクルフラワーらに勝ったスマートアレンジ(及川調教師、実戦は山本聡哉騎手)は秋から長期休養がありましたが、4月に戦線復帰して2、3着。休み明けを好走した分、前走が物足りませんが、重賞のここは入念な乗り込みが目につきます。



DSC_1339.jpg
 スティルプリンス(坂口騎手、実戦は阿部騎手)は今季C2スタート。C2級で水沢850mの短距離特設戦を3連勝したあと、盛岡1000mも優勝。芝1000mの新緑賞も勝って5連勝。まだB2級の身ですが、一挙に重賞挑戦となりました。ただ4連勝目の盛岡ダート1000mのタイムが1分01秒3なら差は僅か。元々JRA1勝は札幌ダート1000m。昨季B1級なら現在の格付けほどの差はありません。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2017/06/03(土) 17:05:00|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1145-bfb2d791

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search